ゆとり系おじさんの@年80万円生活

フィリピン ダバオ市へ移住して、なんとなく生きてるおじさんのブログ

ここにいると生きてる感じがする

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

私は朝起きると、なんとなく幸せを感じるのですが、今回は「それはなぜか?」という話です。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大変恐縮ですが、↑応援クリックをポチっとお願いします。

 

昨年10月、歯の治療のため一旦日本へ帰国したのですが、なぜか「自分は生きてるのだろうか?」という錯覚を起こしました。それから耳鳴りもしてきて、体の異変に気付きました。初めは気温の違いかなと思ってたのですが、一週間ほどで原因がわかりました。

 

音がない!!!!!

 

私の日本の家は相模原市という神奈川県と東京の境目にあり、人はたくさんいます。そして家の中はテレビやステレオなどの音もあります。しかし・・・

 

外の音がない!!!!!

 

私はこれに気がついた時には気味が悪くなり、静寂が怖くなりました。そして一日も早くフィリピンの自宅へ帰りたくなりました。何十年も普通に住んでた日本なのに、なぜ適応できなくなったのか?自分でもよくわかりません。いろいろ文句もありますが、やはり「フィリピンの今の環境が自分には向いている」と再確認することになった一時帰国でした。あのまま日本にいたら、たぶんノイローゼになってたと思います。

 

ではダバオ市内の私の家にいると、外でどういう音があるかを紹介したいと思います。尚、下記内容は地域差というよりも住宅の差により異なります。コンドミニアムやサブディビジョン内はこういう音はあまりしないはずだからです。

 

1、ニワトリ

f:id:davaomania:20190521114018j:image

朝一番早いのはニワトリです。日本のニワトリ同様コケコッコー!!ですが、鳴く時間が違うのです。日本のニワトリはだいたい5時ぐらいで夜明けと共にぐらいのはずですが、フィリピンのニワトリは判で押したように夜中の3時から鳴き始めます(-_-;)

f:id:davaomania:20190521114042j:image

ちなみにうちの地域では放し飼いのニワトリがけっこういるので、どこから鳴き声が聞こえるかわかりません。屋根の上に乗ってる場合もありますから。

f:id:davaomania:20190521114223j:image

うちの裏庭にもニワトリはけっこういますが、数は常に増減するので、何羽いるかわかりません。私は20年ほど前からフィリピンには何度も来ているのですが、以前はこのニワトリが鬱陶しくてしょうがなかったのです。普通夜中の3時にコケコッコやられたら起きちゃうでしょ。毎回慣れるのに一週間ぐらいはかかったので、その間は寝不足でした。もちろん今はそんなことはなく、普通に寝られます。そして鳴き声が聞こえないと、気味が悪くなるのです。もちろん個人差はあるでしょうが、習慣て恐ろしいですね。

吉野家冷凍牛丼の具、店舗と同じ味を再現!

2、ブタ

f:id:davaomania:20190521222555j:image

二番手は日によっても違うのですが、だいたいブタです。ちなみに画像左側がブタで、右は人間です(^_^;) うちは裏の敷地で養豚をやっているので、多い時は子豚も含めて30頭ぐらいいます。

f:id:davaomania:20190521123332j:image

要注意なのは産まれたばかりの子豚がいる時です。母豚が寝てる時に子豚が下敷きになる時があるのです。母豚がそれに気がつけばいいのですが、出産直後の母豚は見ていても可哀想なほどグッタリしており、下敷きになった子豚が絶叫していても気が付かない場合もあるのです。

 

では人間が助けないとどうなるか?もちろん子豚は死んでしまいます。おそらく窒息でしょう。母豚は一度の出産で15〜20頭は産んでくれますが、毎回下敷きになって2〜3頭は死んでしまいます。もちろん子豚が絶叫私したら、夜中でも起きて助けに行きますが、毎回起きれるとは限りませんから。

幻の最高級銘柄豚【藏尾ポーク】

f:id:davaomania:20190521114424j:image

ちなみにたまに脱走する豚もいます。うちのブタは小屋の中にいるから脱走できませんが、他の家のは放し飼いの豚もいるのです。そしてこの後は、大捕り物が始まるのです(-_-;)

 

3、パンデサル

パンデサール♬の掛け声でやって来る三番手はパンデサルの売り子です。うちの地域で売り歩いてるのは、だいたい小学校ぐらいの少年で、時間は朝6時ぐらいが多いです。

f:id:davaomania:20190521125701j:image

このパンです。ま、これと言って変わったとこもなく、普通のパンです。日本では塩パンと呼ばれてるようですが、大して塩気もなく、ほんのり甘みがあります。ちなみにうちの地域では朝起きてパンを食べ、それから朝飯をしっかり食べるのが一般的です(;'∀')

 

4、魚売り

f:id:davaomania:20190521142750j:image

四番手は魚売りです。イスダー(魚)!!と、マイクを使い威勢のいい声で魚を売りに来ます。時間は朝6〜7時ぐらいが多いですが、うちはめったに買いません。理由は鮮度がイマイチ信用できないのと高いからです。しかし売れてます。それは冷蔵庫がない家が多いからです。

「虎ノ門市場」人気No.1!「新日本料理翠祥」監修 美味ごちそう魚惣菜頒布会

f:id:davaomania:20190521142904j:image

私の家の前はスクワッター(不法占拠者)の集落になってます。いわゆる貧困者の集落で、ほとんどの家に冷蔵庫がなく、魚は保存ができないので、買ってすぐ食べなきゃならないために割高の魚を買ってます。

 

ちなみにダバオのスクワッターは全般的に治安がいいです。日本の皆さんはテレビで見るマニラのスラム街をイメージし「怖い所」と思われるでしょうが全く違います。これについてはフィリピン全土というわけではなく、ダバオ特有の理由があるので、それは別の機会にブログにアップします。ちなみに以前ダバオに来たマニラ在住の友人もそれには驚いてました。

 

5、パン屋

f:id:davaomania:20190521143238j:image

五番手はパン屋さんです。このおじさんはなぎら健壱でもないし、パンデサール♬のように叫ぶわけでもないのですが、バイクがとんでもなくうるさいのです。もう5年ぐらい前から音は変わってないので、それで普通なのかもしれませんが、よくわかりません。しかしトラックよりうるさいバイクってめったにないですよね(-_-;) で、実はうちの斜向かいのサリサリに販売用のパンを卸しに来てるのですが、みんな直接買ってます。理由は安いからです。

f:id:davaomania:20190521143305j:image

奥の食パンが一斤17ペソ+手前の菓子パン5ペソ×2=27ペソとなり、全部で60円です。ホント言うと大して美味しくないのですが、安いからついつい買ってしまいます。

 

6、井戸端会議

f:id:davaomania:20190521143901j:image

そして朝7時過ぎになると、おばちゃん達の井戸端会議が始まります。これがけっこう面白くて、楽しみにしてます。私は自宅ベランダに座り、コーヒーを飲んでタバコ吸ってリラックスしてるフリをしてますが、実は耳が超ダンボです。この辺の人は私があまりビサヤがわかってないと思っているせいか、ベランダに私は一人の時はかなり面白い話をしてくれます。但し妻がいる時はピタっとしなくなります(^^;)

 

「あそこんちの娘、ボーイフレンド出来て家出したんだよ」とか「あそこんちのだんな、●●と●●したんだよ。これから戦争だ」とか「あそこんち水道代払ってないから今水出ないよ」とか、ドラマ見るより面白いのです。なんせ本物ですから。あとお金の話もやたらあります。

7、タホ

f:id:davaomania:20190521144420j:image

タホ〜♬と元気に叫びながら売りに来ます。そして買う時はこちらもタホ〜♬と叫びます。タホは豆腐に黒蜜がかかっており、かなり甘いデザートです。なぜかお店にはなく、売り歩くこのパターンでしか食べれないスイーツなのです。ちなみにほんのり温かいスイーツで、1個10ペソ(20円)です。

f:id:davaomania:20190521144446j:image

私は週に2回ぐらい買っていて、右のお兄ちゃんのことをタホマンと呼んでます。以前「あんたがたタフマン♬」の節で「あんたがたタホマン♬」と歌ったら、マネしてくれて好感を持ちました。彼は働き者で、かなり遠い所でもよく見かけます。最近は自転車(日本製ママチャリ)を買って、自転車で売りに来るようになりました。来年はバイクかな!?もし私が何か商売するなら、彼をスカウトしようかと思ってます。

甘くて美味しいスイーツで置き換えダイエットができる!

8、子供の物売り

f:id:davaomania:20190521145428j:image

アロバテ〜!!という元気な声で、野菜売りの子供が籠に野菜を入れて売りに来ます。上の画像がアロバテですが、これが一番多いパターンです。小学校が12時に始まる子供が、その前に売りに来るパターン多いです。ちなみにうちの方は生徒数が多くて一つの公立小学校では賄えないので二部制になってます。あと小学校が休みの日曜日もよく売りに来ます。

少食/偏食/に子どもの総合栄養サプリメントmog

f:id:davaomania:20190521145630j:image

他にはパンケーキを売りに来たり・・・

f:id:davaomania:20190521145703j:image

バナナのお菓子なんかもよく売りに来ます。上の画像の女の子はうちの親戚の子で、普段は木登りしたりオテンバな子なんですが、何を売っても完売します。営業の才能があるのかもしれません。実はけっこう目をかけてます。

 

9、鳥

f:id:davaomania:20190521145850j:image

スズメは一日中チュンチュン鳴いてます。上の画像はスズメの赤ちゃんで、一週間ぐらいうちの隣の妻の実家でこのままだったのですが、気がついたらいなくなりました。「スズメの恩返し」とかないのかな⁉️

WEBで結果確認可能なペット遺伝子検査【Pontely】

f:id:davaomania:20190521150146j:image

iphoneの望遠だと、これが限界でした。朝と夕方に来て、キーキキキキと鳴く鳥です。腹は鮮やかな黄色で日本のハチドリに似てますが、名前がわかりません。ちなみにこの鳥、こちらでは害鳥です。それは1キロ800ペソ(1600円)もするチリ(唐辛子)を食い尽くすからです。うちもチリを栽培してますが、1キロ500ペソ(1000円)で売れるのに、売れた試しがありません。というのは、こいつに食われてしまうからです(-_-;)

 

10、カラオケ

f:id:davaomania:20190521220048j:image

日本の皆さんは、カラオケは当然室内でやるものと思われますよね。上の画像のようにうちはそうなんですが・・・

f:id:davaomania:20190521163653j:image

うちのまわりは外なんです。特にスクワッターだと、家の中でカラオケやるスペースなんてないですから。

f:id:davaomania:20190521162902j:image

上の画像はレンタルカラオケです。ダバオ市内の相場は一日800ペソ程度なんですが、うちの方は貧困地域なんで、一日500ペソ(1000円)程度になります。で、この「一日」というのが問題なんです・・・

f:id:davaomania:20190521163801j:image

一日はフィリピンでも当然24時間です。例えば誰かが誕生日だったとして、朝10時に借りたとすると翌日朝10時まで使えます。で、何が問題かと言うと、レンタル代がもったいないから翌日早朝からやるんです。まあ7時ぐらいなら起きてるし、まあいいやと思えるのですが、この時(上の画像)は朝5時からやったから、さすがの私もブチ切れました。しかもとんでもない大音響だったのです。

 

「おまえら何時だと思ってんだ。うちの家族はまだ寝てるんだぞ。アホ、ボケ、カス!!」と、珍しく怒鳴り散らしたところ、親連中がうちまで謝りに来て、「ごめんなさい。じゃあ何時からならいいの?」と言われたので、咄嗟に「7時からならいいよ」と言ってしまったのです。そしてこの後からこの40軒あるスクワッターは、「朝は7時からカラオケやっていい」というルールになってしまいました。あの時私はなぜ8時と言わなかったのだろうか、悔やまれます(-_-;)

 

で、まだまだアイスクリーム屋とかベッドマット、ほうき、家具の販売などいろんなのが来るし、犬猫や牛の鳴き声も聞こえるし、子供はやたら外で遊んでうるさいし、全部書くとキリがないのですが、とにかく外でいろんな音がします。

 

私はここに住んでると早起きしてしまいます。というのは早起きすると、何もしなくてもなんとなく楽しいからです。そして日本に帰国した時とは違い「生きてるなあ」という実感が湧きます。但しこういうのは個人差があるはずで、静寂が好きな人がここに住んだら、私とは逆の意味でノイローゼになるかもしれません。ま、こういうことは人それぞれですな。ではでは!!

 

ルール無用の打ちっ放し

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回は先日行ったゴルフ場内の打ちっ放しの話です。今まで行っていたダバオ市内のゴルフ練習場は、日本とほぼ同じだったのですが、ゴルフ場内の打ちっ放しは今回が初めてで、驚くことがたくさんありました。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大変恐縮ですが、↑応援クリックをポチっとお願いします。

f:id:davaomania:20190520101501j:image

行ったのはうちから車で10分、アポゴルフ&カントリークラブです。実はゴルフシューズを忘れて一回家まで取りに帰りました。私は道具など気にしないタイプですが、さすがにビーサンじゃできません。ま、近くでよかったです。

Apo Golf & Country Club Review | Davao City Golf.com

f:id:davaomania:20190520101918j:image

実はゴルフの練習をしに行ったのではなく、上の画像のパスタを食べに行ったのです。先日、フェイスブックでゴリラそっくりの私の友人が美味そうなパスタを食べてる様子を見て、急に食べたくなり、思い出したのがここでした。ゴルフ場の簡易食堂とはいえ、ここのパスタは美味しいのです。

毎日10万人を魅了する超人気パスタをご自宅にお届け!【洋麺屋五右衛門 通販ショップ】

f:id:davaomania:20190520151217j:image

なぜか箸が来ました。日本人丸出しだったんでしょうが、妻にも箸を持って来てたし、聞いたら妻も日本人に見えたそうです。ウェイトレスは「日本人は箸でスパゲティ食べる」と思ってるみたいでした。なんだかなあ・・・

 

ちなみにここ一年ぐらいでこのゴルフ場は、めっきり日本人客が減ったそうですが、私はいい傾向だと思ってます。ここも含めてフィリピンのゴルフ場は、日本人による詐欺など犯罪の温床にもなりやすいので、私と妻はこのゴルフ場に限らず、日本語が聞こえた時点で日本語での会話をやめ、ビサヤ(セブアノ語)だけで話すようにしてます。こちらでは「触らぬ日本人に祟りなし」ですから。もちろん普通の観光客もいるし、日本人客すべてが危ないわけではありませんが、皆さんも十分お気を付けください。ゴルフ場にいるのは紳士とは限りませんからね。特に日本人の場合は紳士に見える人ほどヤカラだったりするからややこしいのです。f:id:davaomania:20190520105052j:image

で、食事が済んだらここで一服。

f:id:davaomania:20190520105154j:image

ここが食堂もあるクラブハウスに隣接する打ちっ放しです。ネットはなく、ほとんどコース感覚です。この日はかなり暑く、パスタ食べてもう満足だったんで、ゴルフの練習しないで帰ろうかと思ったのですが、さすがにそこまでぐうたらになったらマズイなと思い、やりました(-_-;)

本当に上手くなるゴルフレッスン【ゴルフテック】

f:id:davaomania:20190520105525j:image

1籠50ペソ(100円)です。数えなかったのですが、50球ぐらいは入ってたと思います。しかし1籠って、ホントに籠でした、しかも竹製の(-_-;)

f:id:davaomania:20190520144308j:image

打席に人工芝はなく土だったので、初めは戸惑いました。こんな打ちっ放しは見たことないです。

都内で唯一の初心者専用ゴルフスクール

f:id:davaomania:20190520144445j:image

ドライバーならティーを立てればいいのですが、アイアンの時は困りました。上の画像は妻ですが、どうしたらいいかわからず、スタッフに聞きに行ったところ、「好きにしてくれ」と言われました(-_-;)

f:id:davaomania:20190520150528j:image

打席は一応あるのですが、みんな勝手に好きなとこで打ってました。シャンクしたら大変な事故になりそうな打ちっ放しです。

海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

f:id:davaomania:20190520144959j:image

なわけで私も打席なんか無視。アイアンを打つ時は前に出て、芝(雑草)があるとこで打ちました。

ゴルフ場の予約・検索は【じゃらんゴルフ】

f:id:davaomania:20190520150708j:image

ボールを拾いに行って、そのボールをまた打ってる少年の姿もありました。ジュニアの練習生だそうで、私なんかより全然うまいのですが、「危ないからカンベンしてー」と言ったら、ニッコリして可愛い子でした。

ジュニアスポーツのメンバー募集【まなび隊】

f:id:davaomania:20190520153208j:image

クラブハウスの前で子供がパターの練習をしてました。プレー中のお客さんの娘さんみたいでしたが、これも日本では見られない光景でした。

f:id:davaomania:20190520153507j:image

上の画像右端を歩いているのはアメリカ人客で、カートのレンタル(1600円)をしてなかったのです。それを見たフィリピン人メンバーは「アメリカ人は貧乏だねえ。その点日本人はお金持ちでいいよねえ」と全く知らないフィリピン人のおじさんが話しかけてきました。つーか日本人だなんて一言も言ってないのに。しかもこっちはそこそこ貧乏な日本人だし、この日は打ちっ放しに来てただけなんで、「もうー、カンベンしてー」と言いたくなりました(-_-;)

f:id:davaomania:20190520155703j:image

まあいろいろあったけど、楽しい一日になりました。実は前回このコースで100超えの大叩きをしてしまい、ゴルフへの情熱がなくなりかけてたのですが、今回実戦に近い練習が出来たおかげで、かなり以前の感触を掴むことが出来ました。めでたしめでたし。次はまたコース出よっかな(#^.^#)

100切り専門ゴルフスクール【ゴルフパフォーマンス】

夜明けが来ても日は昇るかわからない

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) 今回は前回ブログの続きで、先日の中間選挙で圧倒的な国民の支持を得たドゥテルテ政権の今後について考えてみました。結論から言うと、100年かけてじっくりダメにしてきたこの国を大統領の任期たったの6年で、劇的にこの国を変えられるわけはなく、教育改革などを含め根本的に改善されるのは少なくともあと10年先と考えてます。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

恐縮ですが、↑応援クリックをポチっとお願いします。

 

1、尻拭い

大統領就任から精力的に動き、一つ一つ結果を出してきたドゥテルテ大統領ですが、任期中にまずやらなければならないのは、歴代政権が残してきた負の遺産の尻拭いからです。もっとわかりやすく言えば、「リビングルームのリフォームをするのに、あまりのゴミの多さに掃除ばかりで、なかなか工事に取り掛かれない」ということです。

f:id:davaomania:20190518172855j:image

ドゥテルテ政権発足後、大統領はそれまで政府に対する賄賂の温床だった大企業の税金など未払いの取り立てを強化しました。その代表格とも言えるフィリピン航空(PAL)は、1999年からマニラ空港第2ターミナル(通称T2)を独占的に使ってきましたが、民間航空局などへの未払い額は72億ペソに達してました。そしてPALに対して一括納付を要請した運輸省に対し、PALは7年の猶予を求め、ドゥテルテ氏の逆鱗に触れました。

「10日間やるから、それまでに払わなければ、T2は閉鎖する」と、ドゥテルテ大統領は演説でPAL会長で大手財閥LTグループを率いるルシオ・タン氏を名指しし、T2の使用料など未納金を早く払うよう迫った結果、PALは期限内に未納金を支払い、この件は一件落着しました。但し経営状態のよくなかったPALは外国企業へ身売りする可能性も出てきました。これは私の推測ですが、大統領は「たとえ国を代表する企業を外国へ身売りしても飛行機は飛ぶ。国民生活には問題ないだろう」と考えてるに違いないと、この時思いました。

f:id:davaomania:20190518172914j:image

司法長官という要職にありながら、麻薬密売人から多額の賄賂をもらい、何かと便宜を図っていた政治家がいました。その名はレイラ・デ・リマ(通称デリマ)という女性で(上の画像)、アキノ前大統領の腹心でした。とんでもない動画があるので、まずはこちら↓をご覧ください。

www.facebook.com

どうですか?もう怒りを通り越して笑うしかないですよね。これは収監中の大物麻薬密売人が、デリマは悪くない~♬と、この時裁判中だったデリマに応援歌を歌っているのです。他にも刑務所内の麻薬密売人の誕生日に参加したビデオや、見ただけでも吐き気がする麻薬密売人とのスキャンダルビデオなど、あるわあるわ・・・・

テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

しかしデリマは数々の動かぬ証拠が出てきても、法廷で「でっちあげ」と平気で言ってました。厚顔無恥とはまさにこのことです。そしてドゥテルテ大統領の指示による麻薬密売人の処刑のことをいっちょまえに「人権侵害だ」などと非難してました。ま、そりゃそうです、密売人が殺されてしまえば、デリマの商売あがったりですからね。そしてアキノ前大統領はこんなやつを6年間も擁護してきたのです。

しかしフィリピンでも極悪人が入所し、最も厳しいと言われる刑務所の一室がパーティ用に使われ、豪華な食べ物やお酒が持ち込まれてカラオケ大会。刑務所の所長や刑務官はたっぷりの賄賂をもらっているので何も言わない・・・このようにフィリピンの司法と警察は腐りきってました。

f:id:davaomania:20190518173354j:image

そんな腐敗仕切った警察司法の中で裁判を行えばどうなるかわかりますか?麻薬密売人はすぐに無罪放免となり、検察側の勇気ある証人はたちまち殺されてしまうのです。ドゥテルテ大統領の「麻薬密売者の処刑」という超法規的措置は強権的と言われてますが、実際この国ではこの選択肢しかないのです。しかしデリマはそれを人権侵害として、親分のアキノ前大統領や現副大統領ロブレド(上の画像)など自由党の一派で、アメリカや国連やEUに訴えました。結果、アメリカや国連はドゥテルテ大統領に警告を発するというバカな図式・・・残念ながら我が国日本もそれに乗せられてました。下の動画をご覧ください。もうわけわかりません・・・

https://twitter.com/amnesty_or_jp/status/976637918537134080

 

現在は改善されつつも、そもそもマスコミは自由党に支配されてきました。国外にニュースを発信する時も「ドゥテルテ大統領の人権侵害」という面だけクローズアップされます。私は「日本のマスコミはフィリピンに特派員がいないのではないか?」と思ってます。マラウイで起きたテロ、首謀者のマウテグループがISの旗を持ってただけで、ISの犯行と報道してたのはもう笑うしかありませんでした。全然関係ないのに・・・

 

少し話は逸れましたが、この国の政治は歴代政権が残してきた負の遺産の整理から始めなければならないのです。はっきり言ってこの負の遺産の整理だけでも、大統領の任期6年では無理でしょう。しかも大統領の任期は残り3年しかありません。真っ暗闇だったこの国は、現在夜明けの状態と言っていいと思います。但し現行の法律では大統領の続投はできないので、次期大統領選の結果次第では、またこの国が闇の中に逆戻りかもしれないのです。つまり日は昇るかどうかはまだわからないということです。

世界のリーダーが愛読する経済紙・ウォールストリート・ジャーナル

2、大統領の娘サラ・ドゥテルテ 

f:id:davaomania:20190518174417j:image

今回の中間選挙の結果を受け、次期大統領の最有力候補にドゥテルテ大統領の長女で、私が住むダバオ市の市長サラ・ドゥテルテ(上の画像右)の名前がにわかに浮上してきました。今回の中間選挙はまさにドゥテルテ陣営の圧勝で、ドゥテルテ体制がより強固に残り3年の任期後半も維持されることになりました。まずは夜明けの状態と言っていいと思います。今後も歴代政権の負の遺産を整理しつつ、死刑制度復活や刑事罰適用年齢の引下げ、さらには大統領再選を禁止する現憲法改正に伴う大統領任期延長論などの議論などが活発化すると思われます。

 

今回の選挙でドゥテルテ陣営の選対部長とし奔走したのがドゥテルテ大統領の地元、ダバオ市で市長を務める長女サラ・ドゥテルテです。サラは「しばらくはダバオ市長の職に専念したい」と言ってますが、昨年2月には全国政党「改革党」を結成しました。今回の中間選挙上院選では故マルコス元大統領の長女アイミー・マルコスが属する国民党と協力関係を結び、同氏やエストラーダ元大統領の長男など、有力政治家一族の推薦を引き受け、サラの改革党からも13人の候補者を擁立しました。

Skypeなしでアプリやウェブサイトから簡単にレッスン開始!【Cambly(キャンブリー)】

中間選挙の運動が始まった2月にサルバドール・パネロ大統領報道官は「サラが父親の後継者として大統領になっても驚かない」と公言しており、さらに「実際にサラを次期大統領に担ぐ動きもある。支持者は彼女とドゥテルテ大統領が瓜二つで、度胸、インテリジェンス、意志の強さで突出している」と、政府高官として初めて、次期大統領選にサラの出馬をほのめかす発言をしました。またサラの豪腕ぶりに、ドゥテルテ大統領も「ドゥテルテ一家はサラが牛耳っている」とさえ言ってます。この彼女の素養は、ドゥテルテ氏が大統領選挙戦に出馬する数年前に広く知れ渡るようになりました。

f:id:davaomania:20190518180606j:image

上の画像はダバオ市内のドゥテルテ大統領の家です。前大統領アキノの自由党に属する政治家の家などは、家というよりほとんどお城なのに対し、いかに庶民派かおわかり頂けると思います。但し庶民派とはいえ、父親が元州知事で弁護士、母親は教師というインテリ出身家系出身でもあります。つまりあの数々の暴言はパフォーマンスなのです。

 

ドゥテルテ氏は10年ほどダバオ地検検事を歴任した後、父親の後を継ぐ形で政界入り。7期当選で22年間ダバオ市長に椅子に座り、その豪腕を振るいました。その間、下院議員選挙に立候補し当選、中央政界での経験もあります。フィリピンには「3期9年以上連続して市長職に就けない」という法律があり、自分の身内に4期目の席を渡す一方、当人は下院議員などに立候補し、3年後に元職に返り咲くという手法が通例としてあります。ドゥテルテ氏もこの手法を使い、娘に一時期市長の座を明け渡し、副市長も務めたこともありました。

 

サラは父親と同じく弁護士出身で、政界進出は2007年、市長として立候補する父親のサポート役として副市長で初当選しました。なわけで私たちダバオ市民にとっては大変馴染みのある政治家なのです。そして2010年の改選では父親に代わり当時最年少で女性初のダバオ市長に就任しました。しかし何の実績もなかったサラが当選できたのは、紛れもなく父ロドリゴ・ドゥテルテの七光りでした。対立候補は元下院議長の大物でしたから。

家族で分けあえるオンライン英会話

このサラ・ドゥテルテの名が一躍全国区になったのは、当時ダバオ市裁判所の執行官に顔面パンチを浴びせた時でした。事件は2011年7月、ダバオ市内の不法占拠地域の立ち退きを巡り、住民側と立ち退きを執行する裁判所の執行官側との間で投石騒ぎが発生。ここにサラ市長が乗り込み「立ち退きを2時間待て」と言ったが無視されて激怒したのです。執行官を手招きで呼び込み、胸ぐらを掴んで顔面に4発のパンチを浴びせました。

 

そしてこの一部始終が全国放送のニュースで繰り返し流されました。しかし批判がある一方、擁護する声も多かったのです。

www.youtube.com

刑事事件にはなったものの、サラ市長はごく軽い停職で無罪放免されました。父親のドゥテルテ副市長は「謝罪する必要はない。市民を擁護したのだからむしろ誇りに思え」と持論を展開し、サラを批判するメディアを攻撃し、娘を擁護しました。

f:id:davaomania:20190518190440j:image

この事件に代表されるように、サラは政治家としてもドゥテルテ流で育てられました。サラの豪腕ぶりは父親譲りのようですが、その容姿は全くの別物です。サラはドゥテルテ氏とその別れた妻、ドイツ系の元客室乗務員のジムマーマンさんとの間に生まれたハーフ系です。ドゥテルテ大統領との間に、サラと息子2人、計3人の子供を産んだジムマーマンさんは「サラは彼の秘蔵っ子で最も優秀」「父親と最も仲が良く、父親の最大の支持者」と言っており、母親も太鼓判を押すドゥテルテ一家のエース的存在なのです。

 

ドゥテルテ大統領は大統領就任の翌年、2017年には早くも「自分の後継者はサラ以外にいない」と明言してます。大統領になるための帝王学を身に着けさせるため、一市長にしか過ぎないサラを海外の要人や首脳との会談に同席させていたのは、日本で言えば故田中角栄が娘の田中真紀子にしていた帝王学とよく似てます。

f:id:davaomania:20190518181234j:image

昨年4月には、中国海南島で開催された習近平中国国家主席主催「博鰲アジアフォーラム」にサラを同行させ、習国家主席ドゥテルテ大統領の首脳会談にも列席、習主席と面会までしています。さらに今年2月にはダバオ市を訪問した日本の河野太郎外相とも会談(上の画像)。日中双方とも昨年末から今年にかけて、ダバオに総領事館を開設しており、これは明らかに次の大統領を見据えてのことと推測されます。

肌の基礎メンテナンス

最近になってサラは2022年の次期大統領選について「2021年1月になれば、答えは出ているだろう」と出馬の可能性に言及しました。フィリピンの歴史は常に有力な政治家一族がその時代時代に必ずいて、その一族に国民は支配されてきました。そしてドゥテルテ大統領誕生の背景には、財閥の影も含んだ一族支配に国民が反旗を翻したとも言えるのです。

 

3、さて今後は・・・

ドゥテルテ大統領の後継者が娘になった場合、国民感情はどうなると思いますか?マスコミの皆さんの期待に反し、「ドゥテルテ王国?また一族支配?」という国民感情は非常に少ないのです。最近ドゥテルテ大統領の上げ足を取ろうと躍起だった自由党が見つけたのは、一国の大統領としては少額の700万ペソ(1500万円)、前年度より所得が増えたというだけで、「資産隠し資産隠し」と一生懸命連呼しているのは、上院議員選で一議席も取れなかった党だけに哀れにしか映りません。

f:id:davaomania:20190518181011j:image

マルコス独裁時代に検事に任官されたドゥテルテ大統領は、歴代政権が拒否したマルコスの英雄墓地埋葬を許可し、マルコス家擁護の立場を取っています。娘のサラも上院選出馬のマルコスの娘アイミー・マルコスの政党と共闘し、推薦を引き受けました。実際、先の副大統領選も上の画像のようなアキノ前大統領による得票操作がなければ(現在係争中)、マルコスの息子ボンボン・マルコスが現在副大統領になっていたはずで、任務ももっとスムーズに出来ていたでしょう。

世界中のレンタカーを検索

ところがこれに茶々を入れるのがメディアで、残念なことに日本のメディアも含まれます。日本のマスコミ各社はおそらく現地フィリピンに特派員がいなく、影響力が落ちたとはいえ、今まで自由党に情報統制されていたabs-cbnから情報をもらっているのでしょう。中間選挙の結果を受け、「ドゥテルテ氏はマルコス一族に近づき、かつてのマルコス王国ならぬドゥテルテ王国を築こうと目論んでいる」という穿った見方をすでにしています。

 

全く見当はずれもいいとこで、「改革路線を続行するのに信頼できる人物に引き継ぎたい」という話を「強権政治」だの「悪しき改革者」「暴言王」「フィリピンのトランプ」などという単語を使って報道します。ニュースを面白おかしくすれば、視聴率を取れると思ってるのでしょう。

f:id:davaomania:20190518184116j:image

上の画像は前回の大統領選立候補者で、左からビナイ、ドゥテルテ 、ポー、ロハスサンティアゴです。ポーが意外に人気があったことで、勢力バランスが崩れました。フィリピン国民は3年後の大統領選で誰を支持するのか?誰が大統領に立候補するのか?現大統領のように想定外のスーパースターは出てくるのか?さてサラは立候補するのか?この国は首相公選制ですから、何が起きるか予測できません。いずれにしても次期大統領選はこの国の分水嶺になるはずです。さてどうなりますかね⁉️

 

中間選挙に見るフィリピンの夜明け

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

5月13日月曜日、フィリピンでは統一国政地方選挙(中間選挙)が行われ、上下両院議員(上院半数の改選12議席、下院約300議席)や地方自治体の首長らが選出されました。

今回の選挙はドゥテルテ大統領の任期前半3年間への信任選挙でしたが、事前の支持率は同政権過去最高の81%に達しており、ドゥテルテ派の圧勝が予想されてました。国民の関心は高く、私たち夫婦もおととい投票しに行きました。とは言っても日本国籍の私に選挙権はなく、単なる妻の付き添いでした(-_-;)

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

恐縮ですが、↑応援クリックをポチっとお願いします。

 

1、投票所

f:id:davaomania:20190514195911j:image

投票所はうちの近所の小学校で、選挙がある時は毎回ここです。

f:id:davaomania:20190514141309j:image

ここに書かれているのは選挙権がある住民の名前で、ここに名前がないと投票できません。名前は地域別になっており、それを確認されると、小学校の各教室に入って投票します。ちなみにその教室の中は写真撮影できません。

子供をバイリンガルに育てる【ハッピーイングリッシュ】

f:id:davaomania:20190514195648j:image

上の画像は妻の選択メモです。買いておかないと、投票所で忘れちゃうそうです。各候補は名前ではなく、ナンバーを記入して投票します。今回は上院議員の立候補者62人で、その中から当選者数の12人を選んで投票する形です。他には市長や助役などの投票も同時に行われました。上限12人で投票したい人がいないなら、12人以下の投票でも大丈夫です。ちなみに妻は「どうしようかなと思った人もいたけど、もったいないから12人書いちゃった」と言ってました(-_-;)

f:id:davaomania:20190514195901j:image

投票所にお菓子を売りに来てる人がいて、なぜか餅菓子みたいのより、スナック菓子がよく売れてました。なんでだろ?ちなみに私が住む地域は、政治への関心が高いのか?ヒマ人が多いだけなのか?よくわかりませんが、投票率が異様に高い地域で、おそらく90%はあるかと思います。

たった2カ月で伝わる英語が身に付く!【レアジョブ本気塾】

f:id:davaomania:20190514145408j:image

その晩、妻はとっとと寝ましたが、私は選挙結果が気になって、夜中もずっとテレビを見てました。というのは・・・・・

f:id:davaomania:20190514145613j:image

この国で得票操作など不正が行われるのは、たいてい夜中から明け方にかけてだからです。上の画像は以前の副大統領選の時の様子です。右のエスクデロ候補の得票数が朝4:59〜5:30にかけて減ってます。こんなのありえないでしょ!?この減った分は前大統領アキノの腹心ロブレド候補に流れたのではないかと今も係争中です。まあ真実は闇の中にはなりそうですが。そしてロブレド氏は副大統領として、今も一生懸命改革の足を引っ張っています(-_-;) ではこんなことができてしまうアキノとはどういう人物なのか?

 

2、前大統領アキノとは?

f:id:davaomania:20190514154514j:image

ベニグノ・シメオン・コファンコ・アキノ3世(通称ノイノイ)は第15代フィリピン共和国大統領、要は前大統領です。コラソン・アキノ元大統領(通称コリー)と当時マルコスの政敵で暗殺されたベニグノ・アキノ・ジュニア上院議員(通称ニノイ)の息子で、テレビ司会者クリス・アキノは妹です。母コリーは暗殺されたニノイの意志を継いで大統領になりました。そしてフィリピンの財閥コファンコ一族の出身なので、国籍はもちろんフィリピンですが純血の中国人です。フィリピンは実質中国人に支配されてる国なのです。尚、ベニグノ・アキノで父がジュニア、息子が3世だとややこしいので、以降本文は通称のノイノイとニノイにさせて頂きます。

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

 

ウィキペディアの添付は、バカバカしいのでやめました。というのはフィリピン人皆知っているノイノイの所業が、ウィキペディアには一切書かれてません。いったいなぜ?ウィキペディアはネガティブな記載は禁止されてるんですかね?この人は大統領任期6年でいったい何をやったのでしょう?お坊ちゃまだから品はいいし、仲良し外交については一定の評価はあるものの「何もしなかった」というのが多くのフィリピン人や政治評論家の評価です。インフラ整備の遅れなどは典型です。

 

今国民は地域を問わずノイノイに対して「コラップ」という表現をする人が多くいます。コラップとは「corruption=汚職」のことです。シェルなど大企業からは賄賂もらって法人税未払いを見逃し、フィリピン航空もマニラ空港使用料の支払い見逃し、台風ヨランダの時の巨額募金はノイノイの盟友ロハスがコラップ、例を挙げるとキリがないのですが、その尻拭いは全てドゥテルテ大統領がやってます。しかし汚職については許せても、私は人として許せないことがあります。

 

現在も係争中のデング熱予防注射の件です。ノイノイは製薬会社から巨額の賄賂をもらったとされ、試験的に子供にその予防注射を接種することを許可し、その結果100人の子供が亡くなりました。子供を人体実験に使ったのです。コラップだけならともかく、この件は国民の虎の尾を踏んだと思われます。しかし超名門出身のノイノイがここまで非道になれるのでしょうか?私は利権狙いのコファンコ財閥に操られたような気もするのです。人種差別はよくないとは思いますが、生粋の中国人ですからね。私にはあの紳士的な喋り方と、ノイノイが実際やってきた悪業がどうも重なりません。まあこれは個人的な印象としてだけですが。

 

3、選挙結果

f:id:davaomania:20190515112604j:image

そして昨日結果出ました。上院は半数の12議席が改選され、前大統領補佐官のクリストファー・ゴー氏(通称ボン・ゴー)や前国家警察長官のデラロサ氏(通称バト)、故マルコス大統領の長女アイミー・マルコス氏が当選しました。この3人はいずれも新人でドゥテルテ氏に近く、当選した12人のうち9人がドゥテルテ大統領と政策面で連携しており、残る3人も政権寄りの立場を取ってます。要は当選した全員がドゥテルテ派で、今回はまさにドゥテルテ陣営の圧勝でした。

 

一方「反ドゥテルテ」を打ち出した候補者は苦戦しました。ノイノイの甥っ子で現職のバム・アキノ氏と、前内務自治相でノイノイの盟友マヌエル・ロハス氏は落選しました。その結果、非改選議席を含めた上院全24議席で改選前に6人いた反ドゥテルテ派は4人に減りました。尚、中間選挙では上院のほか下院(約300議席)、全81州の知事、市町長、地方議員など約1万8千のポストが選出されました。

 

ちなみに今朝GMAで面白いニュースをやってました。多くの犠牲者を出した台風ヨランダの時に世界各国から多くの義援金や寄付が集まったのですが、それをガメた直接の担当者がロハスだったのです。で、今回タクロバンでロハスに投票した人が30人ほどいて、「その30人は誰なんだ?引っ越してきたばっかりなのか?」と人々が怒りながらテレビで言ってました。タクロバンの被災者がその寄付から補助をもらえたのはヨランダから4年後、ドゥテルテ大統領になってからのことでした。やはり今でも恨み骨髄なんですね。

f:id:davaomania:20190514194345j:image

上の画像は3位で当選したボン・ゴーです。元ドゥテルテ大統領の補佐官で側近中の側近と言われてます。大統領が外国へ行くたびに一緒に行き、各国要人とセルフィ写真を撮るので「セルフィキング」という愛称で親しまれてます。ちなみに笑っちゃうほど屑みたいな男トリリャネスに「あいつ服の中は刺青だらけ」と中傷された時は、なんと裸でインタビューを受けてました。尚、上の画像は私たち夫婦がダバオのモールでバッタリ会った時に、ボン・ゴー自らセルフィ写真を撮ってくれました。とてもフレンドリーな人で、なぜ人気があるのかよくわかりました(#^.^#)
海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

 

f:id:davaomania:20190514221010j:image

上の画像は2位当選のグレース・ポー氏です。今回の選挙は反ドゥテルテという時点でアウト。反ドゥテルテのノイノイのリベラルパーティ(LP)など、あれだけ潤沢な選挙資金使って上院議員当選者なし、要は全滅でした。

 

しかしこのグレース・ポーだけはちょっと特異な存在なのです。3年前「みなしごから大統領へ」というキャッチフレーズの大統領候補でした。イロイロの教会に捨てられた彼女を養子にしたのは国民的俳優だった故フェルナンド・ポーでした。それからアメリカの大学出て、先生やって、義父が大統領選で破れて、それから義父が亡くなると帰国して、2013年は上院議員トップ当選。常に悲劇を利用してきた印象ですが、今回は特に悲劇もなく、資金力もなく、実績もなく、それでも2位当選・・・・・

 

この人がやってきたこと、ぶっちゃけ文句だけなんですよね。yesという言葉は知らないんじゃないかというほどのへそ曲がりで、とにかく何でもかんでも反対するから実績がない。にもかかわらず今回も人気が高い。フィリピン人も不思議というグレース・ポー氏の人気ですが、日本でも蓮舫がトップ当選したことあるし、どの国でも文句だけを言い続ければ、それは真実になるのかなという気もしました。

テレビ出演多数!浮気調査なら【リッツ横浜探偵社

 

4、まとめ

f:id:davaomania:20190514192653j:image

よく「外人が内政干渉すべきでない」という言葉を聞きます。正論かもしれませんが、私のような永住者は全くの無関心というわけにはいかないのです。それは中央地方を問わず、政治が日常生活に大きな影響があるからです。ちなみに私は「車を持っている」というだけで、上の画像のように選挙活動に駆り出されることもあるのです。

事故車、故障車も全て高価買取!カーネクスト

 

今回の中間選挙で、国民はドゥテルテ大統領支持の姿勢をはっきり打ち出しました。私はこの国に住み、今がこの国に転換期という実感があります。支持率81%は他国ではあり得ない数字のはずですが、日本のメディアは「強権政治」という表現を使います。私は「アホか」と言いたくなります。国民の支持なく独裁政治をするなら「強権政治」もわかりますが、支持率81%なら「国民の代弁者」と言うべきじゃないですかね、北じゃあるまいし。日本のジャーナリストは、理屈ではなく感覚的に首相公選制がわかってないのだと思います。

 

今回の中間選挙はドゥテルテ政権に対する信任選挙ですから、ホントに重要な選挙でした。改革路線を続行するのか?しないのか?国民は答えを出しました。日本も一部似たようなケースがありましたよね。自民党独裁に嫌気がさした日本国民は、政権交代を求め民主党政権に期待しました。ところがフィリピンのケースと違うのは、蓋を開けたら単なる烏合の衆で何もできない。あれほど国民の期待を裏切った出来事も、日本の歴史上そうはないものと思います。日本にも中間選挙の制度があれば、当時の民主党は完敗だったでしょう。まあそう思うと、フィリピンのように首相公選制で一人のスーパースターを生み出せる国には夢があるなと思います。

 

今回の選挙でフィリピン国民は情報統制から解放されたと言えるでしょう。今まで特に情報統制していたabs-cbnに対し、大統領は就任早々「メディアには一切お金は払わない。何でも好きに言ってくれ」と、100年の歴史の中で初めてメディアに対して戦線布告しました。結果は案の定、あることないこと言われましたね(-_-;)

 

しかしフィリピン国民もバカではありませんでした。それはネットの影響です。ネットによって情報統制から解放されたと言っていいと思います。数々のデマ、オリンピック重量上げで金メダルを取った国民的ヒロインでさえ、今はバッシングされてます。政権を貶めるデマを流したのは、父親がノイノイの腹心トリリャネスのグループに属しており、その差し金とわかったからです。

 

さらに国民的英雄で上院議員でもあるマニー・パッキャオ氏は、先月行われたボクシングの世界戦で、abs-cbnの放映を強く拒否し、GMAで放映されました。これは今までなかったことで、フィリピン国民はパッキャオの無言のメッセージを受け取りました。まあGMAも一定の情報統制はあったのですが、abs-cbnよりはマシというのが国民の評価のようです。

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

 

私は日本国籍のままでこの国に永住します。既にダバオに自分の墓も買いました。これからも選挙権はありませんが、フィリピン人の目線で政治家を注視していきたいと思ってます。そのために必要なのは何と言っても語学力!!メディアから全ての情報が流れるわけでもなく、妻からの情報には主観が入ります・・・となると必要なのは現地フィリピン人の生の声や情報であり、私の場合は英語とタガログはできるもののビサヤはイマイチ。なわけでダバオに住む以上、これからビサヤの習得が課題になります。

 

しかし大統領任期6年でこの国を劇的に変えられるでしょうか?私はできるわけないと思ってます。100年かけてダメにしてきた国ですからね。とは言っても夜明けが無ければ陽は登らないですよね。現在この国は夜明けの状態だと思います。あとはドゥテルテ大統領の意思を継ぐ者を任期中にいかに育てるかが、この国の将来を決める最重要事項と思ってます。では次回はその「ドゥテルテ大統領の意思を継ぐ者」について投稿したいと思います。ではでは!!

 

ミリタリー商品通販のRAMBO - 通販←私えくえく、こちらの通販もやってます。

軍放出物やデッドストック物などお宝満載!!ミリタリーファッションやインテリアで楽しみたい方、サバゲーファンの皆さま、ぜひミリタリー商品通販のRAMBOでどうぞ。尚、随時タイムセール等も行いますので、どうぞお見逃しなく!!

 

 

大阪人必見!!ダバオ人と大阪人が類似する7つのポイント

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) 今回のブログ内容はあくまでも傾向であり、「100%皆がそうだ」という話ではないので、その点はご了承くださいませ。

私は人生の大半を東京など関東で過ごしたのですが、フィリピンを除いてアメリカ、オーストラリア、中国など海外在住経験が10年ほどありました。しかも日本人女性とは一度も結婚したことがなく、けっこう無国籍な人生を送ってきたのですが、肝心の5〜15歳の性格形成期の後半と思春期を大阪で過ごしたので、中身は大阪人です。

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190511121631j:image

妻が結婚して来日した10年ほど前にこんなことがありました。私が店舗を構えていた東京都町田市の商店街を妻と歩いていると・・・

妻 「あれ?あそこで倒れてるの人じゃないの?」

私 「なわけないじゃん。遠くてよく見えないけど、あれだけ人が通ってるんだから、そんなことありえないよ」

で、そこへ近ずいてみると、老婆が倒れてました。妻はその老婆に声をかけ、意識がなかったので、私は救急車を呼びました。

妻 「日本はこういう国なの?誰も助けないの?少なくとも100人は通ったよね。怖い国だね」

私 「違う!!これはただ単に地域性で、東京だからこうなんだ。日本人みんながこうじゃないよ。たとえば大阪ならすぐに誰かが助けてくれる」

と、大阪には行ったことがない妻なのに、こう言うしかありませんでした。そしてそれから数年後、渋谷でも全く同じケースに遭遇しました。

妻 「あなた前に言ってたけど、東京はこれが普通なんだね」

私 「うん・・・・」

妻にこんなこと言われて、その時ホントに口惜しかったです。現実を見られてしまった以上、地域性でしか言い返せない・・・。しかしもし私一人で歩いていたら、どうだっただろう?倒れてた人に気が付いただろうか?気が付いたとしても、他の人同様通り過ぎていたのではないか?もしたしたらそれまでもこういうケースで通り過ぎていたかもしれないんじゃないか?人間は環境の産物とはいえ、自分は心まで東京人になってしまったのか?この時、人間として自信がなくなりました。私はそれから「たとえ東京にいても大阪人として生きて行こう。もう一度人間としてのプライドを取り戻そう」と思うようになりました。大阪ならこんなことは100年に一度もないはずですから。

 

ちなみにダバオでなくてもフィリピンならどこでも、道端に倒れている人がいたら、誰かが駆け寄り、助けようとするでしょう。こういうケースで通り過ぎるのはもちろん犯罪ではなく、東京でなら悪いこととは言えないのかもしれませんが、やはり大阪人の血はそれを許せないのです。他には電車の中で老人に席を譲らない若者がやたらといるのに、それを注意しない東京の人たちにも妻は驚いていました。まあこれも犯罪ではないし、東京ではごく普通のことなんですよね。そして私がダバオ市へ移住したのは環境や治安もありますが、そこに大阪人みたいな人間がたくさんいたからです。では以下7つの具体的な類似点を挙げます、良くも悪くも・・・。

 

1、行けたら行くわ

大阪人が誘いを受けた場合に「行けたら行くわ」という言い方があります。これを生真面目な東京の人が聞いたら「来るかもしれないなら、それなりの準備をしなきゃ」と思うはずです。でもこれは「絶対に行かない」という意味なのです。これは大阪人が行く気がない時に使う言葉で、ハッキリ断ってしまうと角が立つからこの言い方をするのです。

 

で、ダバオ人もそっくりです。誘いを受けて行く気がない場合、皆が「行けたら行く」というわけではないのですが、はっきり「行く」という意思表示がない場合以外、答えは全てNOになります。ハッキリ断って角を立てたくないマインドが大阪人そっくりです。関東出身者はそういうダバオ人にストレスを感じるようですが、大阪人にとっては普通のことです。ちなみにマニラ人はもっとはっきりした返事をしてくれますが、意図的なウソも多くなります。

薄毛治療・毛髪再生医療 大阪梅田のNDクリニック(男女対応)

2、連れの連れは連れ

昔の大阪人は友達のことを「連れ」と表現します。つまりこれは「友達の友達は友達」という意味です。私は東京の人ほとんどに「友達の友達は知人」と言われました。どちらが正しいというわけではありませんが、私も東京に住んでた長い年月、「友達の友達は知人」のスタイルで生きてきました。でないと嫉妬などから人間関係のトラブルに巻き込まれやすいからです。何十年住んだ東京ですが、私は結局東京スタイルには適応できませんでした・・・というより好きになれませんでした。

 

ところがダバオへ来てみると「連れの連れは連れ」だったのです。私は11年前に初めてダバオ市へ来たのですが、それまでに馴染みがあったマニラやパンパンガとは違うフィリピンスタイルに愕然とし、大阪に近い居心地の良さを感じました。但し連れの連れが勝手に家に入ってくるので、パーティの時などは何人来るかわからず、どの程度料理を準備すればいいかわからないという困った側面もあります。

関西で婚活が初めての方にも安心の1対1お見合いならお見合いCLUB

3、ライバルは東京(マニラ)

大阪人がライバル視するのはとにかく東京です。東京人はええかっこしいとか、東京人は心が冷たいなど、敵視とも言えるライバル心を持っている人が多く、東京人に負けてたまるかという強いマインドがあります。しかしほとんどの大阪人は実際には東京に勝てない事は分かっています。大阪人はよく東京人と比較されますが、ダバオ人もよくマニラ人と比較されます。そして大変不本意ですが、ダバオ人はマニラ人に「田舎者」とバカにされてます。ちなみに私もマニラ人にバカにされてる一人です(-_-;)

f:id:davaomania:20190511122239j:image

ダバオ市は一都市としては世界一広い面積を持ちますが、フィリピン第3の都市と言っても人口はたかだか150万人でマニラの8分の1にしか過ぎません。ですから人間が住む環境としてはダバオ市の方が圧倒的に良いと言っても、都会度についてはマニラに勝てるわけがないのです。高級店の数など、ダバオ市はマニラに比べれば極端に少なくなります。ま、要は田舎なんです。しかしそれでもダバオ人がライバル視するのは、近隣のジェネラルサントスやカガヤンデオロではなくマニラで、これは大阪人が近隣の神戸や京都をライバル視せず東京をライバルとするマインドと非常によく似てます。ダバオ人がマニラ人に絶対的に勝てると思ってるのは幸福度であり、所有品ではありません。これは大阪人が東京人に対する感情とよく似てます。

 

4、周囲の評価を気にしない

東京人は周囲の評価、要は他人の目が気になってしょうがないようですが、大阪人にはそれがありません。典型的なのは俗に言う「大阪のおばちゃん」で、自分のファッションに自信を持っているのかいないのか、ヒョウ柄などアニマルプリントが定番になってます。そしてそれを褒められようが貶されようが全く動じません。まあ褒める人はあまりいないように思いますが・・・

 

大阪人は「大阪のおばちゃん」に代表されるように打たれ強いとも言えますが、そのマインドはダバオ人にも言えることです。はっきり言ってダバオ人はマニラ人に比べると服のセンス悪いです。デブなのにボディコンシャスを強調したり、その身なりはまさに大阪人とかぶります。家具にしても大阪はピンクや黄色など派手な色、またはモノトーン商品がよく売れる傾向がありますが、ダバオ人もそういう傾向があります。まさに「我が道を行く」というスタイルはダバオ人と大阪人の共通するところですね。

f:id:davaomania:20190511124643j:image

あと住宅リフォームの概念がダバオ人と大阪人はよく似てます。一戸建ての場合に東京人は外装はリフォームしますが、内装はよほど不都合がない限りやりません。これに対し大阪人は基本外装は無視、どんなにボロボロでもまず手直ししませんが、内装に関してはまだ使えるレベルでもリフォームするとリフォーム業者の友人から聞きました。実際そうなんだと思いますが、ダバオ人はまさに大阪人と同じで、それは周囲の評価を気にせず、自分の好きにしたいからなのでしょう。ちなみにマニラ人のリフォームは外装中心になりますが、これは気候の問題だと思われます。ダバオは60年以上台風の直撃がないので、屋根や壁など外装をあまり気にする必要はないのですが、マニラ人はそうもいかないのでしょう。

 

5、マナー(口)が悪い

甚だ遺憾ではありますが、大阪人の評価として「マナーが悪い」とか「口が悪い」というのがあります。大阪で電車待ちは列にならず団子状態、最近は法改正で良くはなったみたいですが元々は二重駐車、三重駐車は当たり前のようにありました。ダバオ人も似たようなもんですが、これについてはマニラ人も大差ないと思います。但し私がダバオ人に大阪人を見るのは「口の悪さ」の方です。

 

フィリピンの公用語はタガログですが、ダバオ市で話されているのはビサヤという方言で、英語やタガログはあまり話しません。で、何が問題かと言うと、ビサヤにはタガログで言う「po」のような敬語が口語の中にないのです。なわけでどうも上下関係がはっきりしません。そしてタガログ圏の人の「オポ」ように、返事もはっきりしないことが少なからずあるので、見る人が見れば「態度悪い」ということになります。

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式>

f:id:davaomania:20190511124820j:image

また年下の人間でも年上の人間にはっきりものを言ったりするのは、まさに大阪人と共通するところです。但しダバオではタガログ圏でよく使われる「プータン イナ モー(お前のお母さん売春婦)」とか「シラ ウロ カ(お前の頭は異常だ)」のようなきつい言葉は、現大統領を除いてあまり使われることはなく、「アンボット サ イモ(あんたなんか知ーらない)」という程度で怒りを表現したり、なかなか品がいいとこもあったりする・・・と弁護します(-_-;)

 

6、損得の概念

そもそも大阪人と東京人は損得の概念が違います。要は損得の単位が違うのです。東京人の損得の基準はお金であり、単位は「円」です。これに対し大阪人の損得の基準は「楽しみ」であり、単位は「時間」なのです。つまり東京人の「高いものを買えば幸せ」という価値観に対し、大阪人は「よい時間を過ごせば幸せ」と感じる価値観の違いがあります。例えば「お笑い」がそうです。大阪人が笑いに厳しいのは「笑った方が楽しいから得」という損得の概念から来てるわけですが、損得の基準がお金の東京人にそれを理解するのは難しいはずです。笑ったからと言って、お金の増減があるわけではないですからね。まあどちらが正しいとか間違ってるとかそういうことではなく、やはり地域的な伝統はあるのでしょう。

 

あと値切りです。大阪の代名詞でもあるおばちゃんの「負けてや」というのは、負けてくれないと買わないということではなく、ただ単に会話や駆け引きを楽しむためにやっているのです。つまり「どうせ買い物するなら楽しみながらの方が得」というマインドなのですが、これについても東京人に理解するのはまず無理でしょう。で、ダバオ人はこの大阪人の感性に非常に似たとこがあります。損得の概念についてはマニラ人が東京人ならば、ダバオ人は大阪人に近いものがあるように思います。

 

7、まとめ(金銭感覚)

f:id:davaomania:20190511124917j:image

大阪人は一言で言えば享楽的です。典型的なのはエンゲル係数で、知人の食品研究所の職員の話では、大阪のエンゲル係数は実際には公的機関の調査による数字よりもはるか上で、東京のエンゲル係数は実際には公的機関の数字よりもかなり下回ると言われており、その差は大きく開いているそうです。東京人はもし立派な家に住んでいても慎ましく生活し、たまの贅沢を周囲にアピールするスタイルですが、大阪人はもしオンボロ長屋に住んでいても、日頃からそこそこの物を食べ、週に一度は家族でフグを食べに行ったりしてもそれを見せません。大阪人が贅沢を隠すのは「ええかっこしいはカッコ悪い」という概念があるからで、これがダバオ人と共通するところです。面白いのはフェイスブックツイッターなどSNSです。東京人の方が贅沢してるように見えますが、実際のエンゲル係数は大阪人の方が高いのです。

で、ダバオ人は大阪人にそっくりなのです。エンゲル係数はやたら高いし、大した収入もないのに、レストランは常に人がいっぱいです。ホントにあり得ないぐらい食べ物にお金を使います。私がダバオに初めて来たのは11年前ですが、バハイクボという掘っ建て小屋みたいな家に住んでる人たちでも、家ではミドルインカムの東京人よりよほどいいものを食べて暮らしてるのを見て愕然としました。そしてその食事のバリエーションの多さに舌を巻きました。マニラ人のように野菜なしで毎日アドボ(豚肉の煮込み)を食べるみたいなことができないのがダバオ人なのです。

f:id:davaomania:20190511124948j:image

特徴的なのは上の画像のパティス(魚醤)です。マニラ人がよく使うパティス、ダバオ人はあまり好みません。ちなみにうちの家族親戚は近所に150人ほどいるのですが、誰もこのパティスを使いません。マニラのレストランなら卓上に普通にあるこのパティス、ダバオのレストランにはめったにありません。で、コックさんになぜか聞いたところ「それは味が強すぎて料理本来の味を壊すから」とのことでした。家族や親戚に聞いても同じような答えで、「素材本来の味を消すからもったない」とのことでした。

だし蔵の関西おだしお試しパック

f:id:davaomania:20190511125017j:image

ちなみにダバオ人は食事中、塩気が少しほしいなという時は、箸休めに上の画像のような干物をかじります。これ、めちゃくちゃしょっぱいです。干物そのものはフィリピン全土にあるはずですが、ダバオ人にとって干物はおかずというよりも日本人の漬物のような食べ方をするのです。パティスを一滴垂らせば済むようなことにわざわざ干物を揚げるその味覚、金銭感覚はまさに大阪人と類似するところです。但し私はパティスが大好きで、レストランでもちゃっかり小皿にもらってます(-_-;)

 

その後いろいろ見てきましたが、やはりダバオ人は大阪人同様享楽的な傾向があります。目の前にあるお金は楽しみで使ってしまい、貯金して高額商品を買って見栄を張ろうという概念がないのです。まあフィリピン人は全般的に享楽的なのですが、ダバオ人のどこが大阪人に似てるかと言うと「高い物は隠し、安い物を自慢する」という点です。これはマニラ人とはかなり異なる部分で、マニラ人は東京人同様けっこう見栄を張りますからね。

 

もっともダバオ人でも貧困層出身者はやはりコンプレックスが強く、見栄を張らないと生きていけない人たちもいるのですが、実は現地にはあまりいません。というのは既に日本やマニラに移住しているか、ホームレスになっているからです。実はこれも大阪人に似ているのです。大阪感覚に合わない人はたいてい東京に移住して、一生懸命ブランド物を買ってますから。

f:id:davaomania:20190511125820j:image

大阪人はやたらと人を家の中に入れます。急な訪問でもOKという人が多く、東京人とは大きく異なります。これもダバオ人とかぶります。私は高学年途中まで東京学芸大学附属世田谷小学校に通ってました(右から2人目が私)。難関入試の国立ですから、裕福な家庭の子が多かったのですが、友人の家に遊びに行ってもポテトチップとコーラ程度の物しか食べたことがありませんでした。ところが大阪へ転居して友人宅に行ったらビックリ、ボロボロの長屋の友人宅にお邪魔すると、それまで見たこともないような高級な牛肉を食べさせてもらい、私の人生観はそこで決まりました。東京でいい家に住み、高級車に乗り、見栄を張る人生がいいか?大阪でボロボロの家に住み、美味しいものを食べて笑って暮らす人生がいいか?当時中学生だった私の答えは大阪人のスタイルでした。その後家庭の事情で東京へ転居することになりましたが、私の心は今も大阪人のままです。

 

今までの人生、海外も含めていろんなところに住みました。その中で好きな街の1、2位がダバオと大阪です。ダバオ市へ移住してから順風満帆というわけでもなく、嫌なこともたくさんあったのですが、日本へ帰ろうと思ったことが一度もありません。それはダバオ人と大阪人があまりにも類似するために、何をされても心情的に許せてしまうからです。そしてここにいても「外国に住んでる」という実感がいまだに湧きません。ここはマニラと違って、どこか日本ぽいのです。現在私は57歳ですが、結局のところ性格形成期の経験が現在の移住につながったのだと自己分析をする今日この頃です。ではでは!!

 

ミリタリー商品通販のRAMBO - 通販←私えくえく、こちらの通販もやってます。

軍放出物やデッドストック物などお宝満載!!ミリタリーファッションやインテリアで楽しみたい方、サバゲーファンの皆さま、ぜひミリタリー商品通販のRAMBOでどうぞ。尚、随時タイムセール等も行いますので、どうぞお見逃しなく!!

丁か半か 通夜は鉄火場

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

先月末、妻の叔父、私にとっては義理の叔父が急逝しました。直接の死因は腎不全だったそうですが、アル中でした。叔父と言っても私より5歳も若く、あまりにも若すぎる永眠でした。

 

  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190507193608j:image

こちらではナインデイズと言い、通常故人の自宅で9日間、日本で言えば通夜のようなことを行います。で、昨日が最終日でした。

f:id:davaomania:20190507193827j:image

うちは周囲に親戚が多いので、たくさん人が集まります。妻の話では150〜200人ぐらい親戚いるらしいですが、正確な数字はわからないとのことでした。

f:id:davaomania:20190507194027j:image

炊き出しの準備です。下に敷かれているのはバナナの葉です。

f:id:davaomania:20190507194120j:image

外で煮込みます。日本の方から見れば、ほとんどキャンプに見えると思いますが、こちらではごく普通です。 

f:id:davaomania:20190507200507j:image

こちらはパンとコーヒーコーナーです。

f:id:davaomania:20190507194409j:image

ギターの奏でる音が寂しそうでした。亡くなった叔父は11人兄弟の下から2番目で、私の義父が長男です。そしてギターを弾いていたのは私と同じ歳の故人の兄でした。

遺品整理のことなら【ライフリセット】

f:id:davaomania:20190507194607j:image

しかしこんな時でも子供は無邪気です(;'∀')

f:id:davaomania:20190507194716j:image

さて長くなりましたが、ここからが本題です。上の画像は通夜を行なっている敷地内で賭博場を準備してるところです。トランプなどカードゲームならば、おそらく階級は関係なくフィリピンのどこでもやってるはずです。但し通夜の際のトランプはお遊び程度の暇つぶしなんで、この賭博とは全くの別物です。トランプは子供でもやってますから。

f:id:davaomania:20190507194917j:image

そして賭博が始まりました。ルールは単純で、コインを投げて「表か裏か」で、要は日本で言えば「丁か半か」ということです。勝てば掛け金は2倍になるのですが、やり続けなければならないルールがあります。要は「1回やって勝ったからやーめた」ということは許されないのです。

日本一の「西銀座チャンスセンター」購入代行

f:id:davaomania:20190507195150j:image

賭博に参加してたのは通夜の参列者とは別の人たちです。ダバオ市ではこの賭博は禁止されているのですが、通夜とフィエスタの時だけは許される慣習があります。日本的に言えば「さあ張った張った」という声が飛び、その雰囲気はまさに鉄火場でした。

 

ちなみにフィリピンでは賭け事としてのトランプも違法ですが、室内で騒がなければ通報されることはまずありません。これに対し麻雀は音がうるさいから通報されやすいという側面があります。あとトランプについては1テーブルあたり少人数、この賭博のように屋外で数十人というわけではないので、鉄火場になるわけもなく、やはりこの賭博は特別と言わざるを得ません。

f:id:davaomania:20190507195517j:image

けっこうなお金が飛び交ってました。まあやってるのは地元の人たちなので顔見知りです。どこかの家で不幸があった時は胴元が「場所を貸してくれないか」と喪主に話を持ちかけるのが一般的なパターンです。そして勝った人が喪主に一定のお金を払い、故人を供養するのです。なわけで賭博の話を持ちかけられるのは通常貧困層です。富裕層の自宅敷地内での通夜で、9日間この賭博が行われるということはまずありません。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←

この賭博はここではハンタック(Hantak)というのですが、タガログなのかビサヤなのかわかりません。しかしここまでしなきゃ賭博できないとこは、いかにもダバオらしいです。というのは日本の皆さんもおそらくご存知のフィリピン大統領ドゥテルテ氏は、大統領になる前は20年ほどダバオ市の市長だったので、ここはフィリピンの中でも特別に厳しい所なのです。

f:id:davaomania:20190508094617j:image

尚、9日間の通夜の後、本葬儀はこちらで行われました。

f:id:davaomania:20190508094749j:image

カトリック形式の一般的な葬儀でした。

f:id:davaomania:20190508094848j:image

葬儀が終わると、近所の墓地で埋葬です。ちなみにフィリピンは火葬せず、そのまま土葬になります。

 

私が移住を決意できたのは、ダバオ市の治安の良さもあるのですが、反面ちょっと厳し過ぎるかなと思う時もあります。特にタバコはひどい。ぶっちゃけ自宅や自家用車の中以外、市街地で吸えるとこなどほとんどないです。バーでさえ吸えません(;_;)

盗聴・盗撮探索サービスならALSOK東心!

現在のダバオ市長は大統領の娘サラさんが継いでいるのですが、厳しさは以前と変わりません。この賭博に限らず、麻雀など自宅でやっていても通報一発で検挙、ビリヤード場も以前はたくさんあったのに今はほとんどなくなりました。あと酒類販売は夜の10時までで、バーなんか夜は警官の見回りも来ます。

 

妻が子供の頃は近所でマシンガンの撃ち合いも頻繁にあったそうで、ダバオ市はまともに住める場所ではなかったそうです。こんなフィリピンの中でも一二を争う危険な都市だったダバオ市を20年で世界有数の安全な都市にしたドゥテルテ氏は、ダバオ市民の誇りではあるのですが、私はたまにちょっと厳し過ぎるかなあと思う時もあるのです。ちなみにダバオ市内のプールや海、ほとんどビキニ禁止なのですが、私はこれが一番不満だったりします。

 

今回の賭博に参加してる人たち、ぶっちゃけ地元の普通の市民です。ちょっと盛り上がるギャンブルするのにも気を使いながらというとこにダバオらしさを感じました。おそらく他地域のフィリピン人からすれば「ダバオの人たち大変だな」と思うかもしれませんが、たまにハンタックで鉄火場気分が楽しいという程度が健全な気もします。ではでは!!

 

f:id:davaomania:20190507214618j:image

ミリタリー商品通販のRAMBO - 通販←私えくえく、こちらの通販もやってます。

軍放出物やデッドストック物などお宝満載!!ミリタリーファッションやインテリアで楽しみたい方、サバゲーファンの皆さま、ぜひミリタリー商品通販のRAMBOでどうぞ。尚、随時タイムセール等も行いますので、どうぞお見逃しなく!!

ちょっとビミョーなレストラン

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

先日修理が終わった電子レンジを取りに行った帰りに、ふらっと寄ったレストランがあります。で、今回はそのレストランの話です。

 

  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190505114730j:image

こんな感じで、山頂と言うほどでもないですが、丘の上に位置してます。場所はこちらです→Google マップ

f:id:davaomania:20190505170630j:image

入り口です。ダバオっぽいカラーでしょ(^_^)

遊び・観光・体験、オプショナルツアー予約【Mappleアクティビティ】

f:id:davaomania:20190505115121j:image

入るとすぐに喫茶コーナーがあり、レストランに入らず、ここで景色を見て帰る人もいます。

f:id:davaomania:20190505115247j:image

ここのエンパナーダはかなり美味しかったです。たまたま揚げたてでラッキーでした。

f:id:davaomania:20190505170918j:image

レストラン入り口です。3時過ぎという中途半端な時間だったのですが、せっかく来たのだから入りました。

海外レストラン予約実績15万件!ご要望通りにレストランを予約します

f:id:davaomania:20190505115551j:image

時間のせいかガラガラでした。以前ここはDenaio'sというレストランだったのですが、いつの間にかこの店になってました(-_-;)

f:id:davaomania:20190505121950j:image

メインディッシュのメニューです。モールのレストランとあまり変わらない料金です。

f:id:davaomania:20190505122100j:image

こちらは飲み物や前菜のメニューです。ハロハロの160ペソはちょっと高すぎのような気がしました。

f:id:davaomania:20190505124310j:image

3時過ぎ、試しに入ったわりにはガッツリ食べてしまいました。だから私たち夫婦は太るのです(-_-;) しかし食べたかったビーフカルデレータもラプラプもないと言われ、ちょっとテンション下がりました。やっぱ飯を食べる時間じゃなかったのかな⁉️

で、頼んだのはチャップスーイという八宝菜みたいなのと、テラピアの甘酢がけでした。お味の方は可もなく不可もなく、まあ普通でした。ちなみに「もう一回食べたいか?」と聞かれたら「別に」と答えます。

f:id:davaomania:20190505163122j:image

ライブバンドもやってるみたいです。週末の夜あたりかな⁉️

f:id:davaomania:20190505163329j:image
例によって卓上にパティス(魚醤)がありません。ダバオの人はマニラなどルソンの人と違い、あまりパティスを食べないのです。私はパティスがないと食べれないものがいくつかあるのですが、今回頼んだチャップスーイはその一つです。まあ頼めば持っては来てくれますが、毎回こうなるのはちょっと面倒です。

f:id:davaomania:20190505124946j:image

レストランから見えた木にキレイな花が咲いてました。ゴールデントランペットというそうで、黄色の花もあるみたいです。

f:id:davaomania:20190505125105j:image

長くなりましたが、ここからが本題です。入り口入って右側の展望台手前に大きなひび割れがありました。で、妻に「たぶんここ、早かれ遅かれ崖崩れするよ」と言われました。この近くで昔、崖崩れがあったそうです。

海外旅行・留学・ワーホリ保険のAIG損保

f:id:davaomania:20190505144245j:image

上の画像で眼下に見える道はダイバーションロードという幹線道路です。この周辺はここ数年でかなり開発が進んだそうです。

f:id:davaomania:20190505125531j:image

以前この辺は道も舗装されておらず、カップルが夜来て涼むような場所だったそうです。ところが道路整備や建物建設で、この山は切り土、盛り土の連続ですから、そりゃあ地盤も緩みますよね。

 

なわけで、この店には何の恨みもありませんが、いつ崖崩れや地滑りが起きるかわからないので、皆さんに堂々とはオススメできません。ダバオに来られて景観がいいレストランならば、以前私のブログに投稿したジャックスリッジをオススメします。

夜景がステキなレストラン@ダバオ - ゆとり系おじさんの@年80万円生活

・・・って、営業妨害かな⁉️夜景はどっちもきれいだし、Vistaview Restoさん、ゴメンナサイ(-_-;)

 

【お知らせ】

このたび私えくえく、ドロップシッピングによる通販サイト第2段ミリタリー商品通販のRAMBO』を開設しました。

f:id:davaomania:20190505165842j:image

軍放出物やデッドストック物などお宝満載!!ミリタリーファッションやインテリアで楽しみたい方、サバゲーファンの皆さま、ぜひミリタリー商品通販のRAMBOでどうぞ(#^.^#)  

ミリタリー商品通販のRAMBO - 通販←通販サイトはこちらをクリック

バナナの出荷工程に思うことあれこれ

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回は日本の皆さんが日頃食べてるバナナの出荷工程についてです。先日、ダバオで親しくさせて頂いてる農園主のご夫婦に、バナナ農園に連れて行ってもらいました。山を3つ所有するとんでもないお金持ちなのに気さくで気取らず、大好きなフィリピン人のご夫婦です・・・ゴチしてくれるし(;'∀') ちなみに場所はMandugという所です。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190503092523j:image

電動式のワイヤーに吊り下げて工場へ運ばれます。動いてるのを見るだけでもけっこう楽しかったりします。私はスキーのリフトをイメージしてしまいました。

f:id:davaomania:20190503092741j:image

工場到着です。私が思ってたより近代的でした。まあ思うも何も、そもそも日本にバナナ農園ないから見たことないんですけどね(-_-;)

f:id:davaomania:20190503092947j:image
それからキズ物を分別します。キズ物はお菓子業者が引き取りに来なければ、ブタのエサになります。山の上なので、お菓子業者はたまにしか来ないそうです。ちなみにバナナを食べて育ったブタは甘みがあって美味しいです。ステロイド入りの成長剤肥料で飼育されたブタとは味が違います。

f:id:davaomania:20190503093635j:image
洗浄です。この部屋は対日本輸出用の場所で、洗浄液は日本政府認可のものしか使えないそうです。ちなみに日本人の検査官も定期的に来るそうです。で、ここのご主人に「君には悪いんだけど、日本人はめちゃくちゃ厳しいねえ」と言われてしまいました。ごもっともです(-_-;)

f:id:davaomania:20190503093852j:image
ブランドのステッカー貼りです。この日はドールでしたが、チキータのステッカーを貼る時もあります。たとえ大規模でも契約農園はそういうやり方もあるそうです。まあドールやチキータの直営農園もあるのですが、日本で食べられるバナナのブランドは、単にステッカーの違いということもあるのです。

f:id:davaomania:20190503094232j:image
ダンボールの成型です。風車みたいで面白いですよね。

f:id:davaomania:20190503191926j:image
そして出荷スタンバイOKとなるわけです。ちなみにこの農園のバナナは約8割が日本への輸出だそうです。日本人が普段食べてるバナナ、フィリピン産と書いてるのが多いですよね。そのほとんどはダバオなどミンダナオから輸出されるものなのです。

 

現在日本に輸入されてるバナナはフィリピン産のジャイアント・キャベンディッシュという品種が約8割を占め、これもその種類です。また標高400~1000mの高原で栽培されたものは「高原バナナ」として流通し、値段は少し高めですが普通のバナナに比べて甘さと栄養価に優れていると言われてます。

f:id:davaomania:20190503100420j:image

上の画像は我が家などダバオで普通に食べられてるバナナです。甘みや酸味が日本のバナナより強く、日本のバナナとは別物のようで、めちゃくちゃ美味しいです。日本へ輸出されるバナナは船でかかる日数から、かなり完熟前に収穫されるので、どうしても味が薄くなります。私は現場を見たことはないのですが、日本の港に着いたバナナはエチレンガスを吹き付けて完熟させ、色を黄色にするそうです。 但しそのガス、毒性はないみたいですね。

 

私の妻は日本料理でさえ好き嫌いはほとんどないのですが、「日本のバナナまずいし、豚のエサみたいでイヤ」と言って、7年間いた日本在住時に唯一食べなかったのがバナナです。結婚した当初は「生意気なこと言う女だな」と思ってムカっとしたのですが、ダバオでバナナを食べると納得せざるを得ませんでした。

えっ?!バナナが新しい福利厚生のカタチ・・・?

f:id:davaomania:20190503124433j:image

農園主ご夫婦のご自宅です。家はいくつか所有されてますが、ダウンタウンにある家の外観は小汚く、お世辞にもお金持ちの家には見えませんでした。「なんで料理専門のコックやメイドが5人もいるお金持ちなのに外装リフォームしないの?」と聞くと「お金持ちと思われると何かいいことあるの?」と逆に聞かれてしまい、聞いた自分が恥ずかしくなりました(-_-;)

f:id:davaomania:20190503124603j:image

このご夫婦が飼っている競走馬です。今は馬もリタイアして悠々自適だそうです。しかしこのご夫婦に会うと毎回「ホントに豊かな人とは何ぞや」をいつも考えさせられます。

f:id:davaomania:20190503124834j:image

このご夫婦、内装はゴージャスですが普通の家に住み、ブランド物などは身に着けず普通の洋服を着てます。車は三菱モンテーロという300万円程度の車(アッパーミドルがローンで買える程度)に乗り、物や所持品、お金の話は一切せず、行くとこも高級店に限定してるわけでもありません。話はいつも「このドラゴンフルーツ(上の画像)はなぜ美味しいか」とか「ベトナムのこの海がきれいなのはなぜか」とかそんな話ばかりで、世界中を旅行するご夫婦です。なわけでこのご夫婦の話は、1万円の話なのか?100万円の話なのか?毎回サッパリわかりません。ちなみに日本にも生け花に興味があって何回か行っており、池坊の師範ともお友達、日本のこともやたら詳しいのです。

f:id:davaomania:20190503103756j:image

この日も道端で出会った上の画像の農園労働者に何やら相談され、詳細はわからなかったのですが「いいよ、その土地使っていいよ。その土地あげるから後でオフィス来てね」と奥さんが言ってました。しゃべり方が上から目線ではなく友達感覚で、ホントにステキな人です。私は「なんでそんなに太っ腹なの?」と聞くと「だってお墓までお金持っていけないでしょ。あなたは持って行けるの?」と言われました。ごもっともです。しかし日本のブラック企業の住○フルーツとはえらい違いです。数ヶ月前もミンダナオの農園でストライキやってましたが(^_^;)

 

このご夫婦に会うといつも心の豊かさとは何か考えさせられます。私はこんな大金持ちになれるわけないですが、このご夫婦に会うと「心だけは豊かでいたいな」と思わざるを得なくなるのです。

 

【お知らせ】

このたび私えくえく、ドロップシッピングによる通販サイト第2段ミリタリー商品通販のRAMBO』を開設しました。

f:id:davaomania:20190503135106j:image

軍放出物やデッドストック物などお宝満載!!ミリタリーファッションやインテリアで楽しみたい方、サバゲーファンの皆さま、ぜひミリタリー商品通販のRAMBOでどうぞ(#^.^#)  

ミリタリー商品通販のRAMBO - 通販←通販サイトはこちらをクリック

 

10年間謎だったプリンがついに判明

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回は私の10年間謎だったことが、ついに判明したという話です。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190427142245j:image

10年ほど前、今の妻と結婚した当初、この手のプリンを食べた時にこんな会話をしました。

私  「これ濃厚って書いてるけど、プリンはフィリピンの方が絶対美味いよな」

妻  「フィリピンのプリンはパンだよ」

私  「はあ?フィリピンのプリンはレチェフランじゃん。何言ってんの?」

妻  「レチェフランはレチェフラン。フィリピンのプリンはパンだよ」

私  「そうなんだ・・・」

という会話でした。私は変だなと思いつつも、妻は来日すぐだったし、どっちでもいいようなことなんで、気にはなりましたが、この時の会話はこれで終了しました。

f:id:davaomania:20190427152107j:image

ちなみに上の画像がレチェフランです。見た目はプリンですが、超濃厚で日本のプリンとは全くの別物、私の大好物です(#^.^#)

香ばしいかおりとなめらか食感 黒胡麻プリン|かどや

f:id:davaomania:20190427143002j:image

そして今朝、パン屋のおじさんがいつも通りバイクで、うちの斜向かいのサリサリに来ました。私はよくここのパンを買います。というのは食パン一斤17ペソ(40円弱)、菓子パンは5〜10ペソ(10〜20円)と安いからです。

f:id:davaomania:20190427143346j:image

すると今まで一度も見たことないパンがありました。で、「おじさんこれ何?」と聞くと・・・・・

 

プリンだよ!!!!!

 

出たっ!!つ、ついに妻が10年前に言ってたパンのプリンに遭遇しました。

プリン研究所|お取り寄せでしか買えない人気の高級プリンをスイーツギフトに

f:id:davaomania:20190427143621j:image

で、あまりの嬉しさに2個買いました。まあ1個5ペソ(10円)なんですけどね(-_-;)

f:id:davaomania:20190427142941j:image

それから1時間ほどして起きてきた妻に喜び勇んで「プリンあったよ」と言うと、なにやら不機嫌な顔。なんでやねん⁉️と思いつつ、理由を聞くと「たしかにプリンだけど、それは売れ残りのパンを細かく切ってくっつけただけだよ。明日たぶんカビが生えるから、すぐに食べないならマーシャル(犬の名前)にあげて」とのこと・・・

 

ガーン(;'∀')

 

そんなしょうもないものだったのか・・・。私はせっかく見つけた喜びから一転、一気に奈落の底に突き落とされたような気がしました。でもせっかくだから食べました。で、お味は・・・

 

まずい!!!!!

 

なんだかなあ、たしかに残り物をくっつけただけでした。しかもかたいし、いろんな味が混じって何を食べてるのかわからなかったです。妻に「なんでこれがプリンなの?」と聞くと「知らないからパン屋のおじさんに聞いてくれ」とのことでした。でも聞きません、もう食べることないでしょうから。しかしよくよく考えてみると、パン屋のおじさんに「これ美味しいの?」と聞いた時、いつもはおしゃべりのおじさんがニヤニヤして黙ってました。おそらくまずいの知ってたんですね。くっそ~、20円返せ~!!!!!

 

ドロップシッピングによる『家具インテリアの通販』もやってます。こちら ↓ もどうぞよろしくお願い致します(#^.^#)

shop.moshimo.com

ダバオの郷土料理③ ポッチェロ

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回はダバオの郷土料理③ ポッチェロです。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

f:id:davaomania:20190427100056j:image

上の画像がポッチェロで、私の大好物です。日本語で言えばスペアリブの野菜煮込みバナナ入り生姜味です、長いなあ(-_-;) でも他に表現のしようもないです。味もうまく説明できないからブログ向きではないかもしれません。なんせ日本に似たようなものないですから。

やわらかダイニング|噛む力、飲み込む力が弱くなってきた方にやわらか宅配食

f:id:davaomania:20190427105459j:image

実はポッチェロはダバオの郷土料理というわけではなく、フィリピン全土にあります。しかし私の認識は「ポッチェロはダバオの郷土料理」です。というのはルソン圏のポッチェロとは味が全然違うのです。その理由の一つがこの生姜です。

 

ダバオの料理はやたらと生姜が入ってるのですが、ポッチェロには大量に入ってます。なわけで私がマニラやセブで食べたポッチェロとは別物ぐらいの感覚です。ちなみにシニガン(辛くないトムヤンクンみたいの)にさえ生姜が入ってるので、10年前初めてダバオに来た時はひっくり返りそうになりました。

f:id:davaomania:20190427100133j:image

うちの地域ではこのタンラッド(レモングラス)は、生えてるものを取る家がほとんどです。だいたい家で栽培してるので、買うことはあまりないです。で、この採れたてのタンラッド、かなり強烈です。

f:id:davaomania:20190427163057j:image

これはうちの裏庭のバナナです。市場で売ってる物とあまり変わらないのですが、都会育ちの私にとって「家のバナナ」はかなりスペシャルなことなのです。ちなみにこの手のおかず用バナナはかたくて糖度も低く、こういうスープ系に良く合います。食感はサトイモ、ほのかな甘みを出すという意味ではタマネギの役割もしており、まさに一石二鳥の優れものです。

f:id:davaomania:20190427100202j:image

じゃーん!!!!!

 

盛り付けです。具はスペアリブの他、ペッチャイ(青梗菜)、ガビ(里芋みたいの)、ジャガイモ、タマネギ、アッサル(パプリカみたいの)とバナナです。まあ全部揃える必要もなく、うちはキャベツやインゲンが入ってたりすることもあります。ちなみにスペアリブを食べる時は要注意です。私は骨を噛んで差し歯が取れたことがあります(-_-;)

あとこれを郷土料理と言ったのにはもう一つわけがあって、それは頻度です。ダバオの人はこれをよく食べるのです。ダバオ市民は食べ物には贅沢で、毎日のバリエーションにはこだわります。ルソンの人たちみたいに、例えば「毎日アドボ」みたいなことはできないのです。これはあくまでも私の主観ですが、マニラ市民が東京人ならダバオ市民は大阪人みたいな印象があります。ダバオ市民のエンゲル係数が高いのは一つの理由です。

 

しかしこの10年でダバオ市民の体型もずいぶん変わりました。10年ぶりにUAEからダバオへ帰ってきた義兄もビックリしてるほどです。機会あればぜひダバオのモールに行ってみてください。「ここはアメリカかっ⁉️」と思うほどデ○ばっかりですから。なんか変な終わり方になっちゃった(-_-;)

 

ドロップシッピングによる『家具インテリアの通販』もやってます。こちら ↓ もどうぞよろしくお願い致します(#^.^#)

shop.moshimo.com