ゆとり系おじさんの@年50万円生活

フィリピン国ダバオ市で@年50万円の生活費の範囲内で出来る楽しい事やフィリピンの文化を紹介してます

フィリピンの健康保険事情について

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^^#)

今回はフィリピンの健康保険についてです。私がいくら@年50万円生活と言っても、医療費をケチるわけにはいかないですからね。

f:id:davaomania:20181123004533j:plain

上の画像は私が通ってる歯医者さんです。この歯医者さんへ来る患者さんは9割型現金治療で、健康保険を使う人はごく稀です。

f:id:davaomania:20181123010217j:plain

え~、私が治療を受けてます(-_-;) 女性の歯医者さんでとても優しい先生です・・・が、フィリピンには差し歯がないのです。要は詰め物をするか、抜くか、入れ歯を作るか、インプラントをするかの四択になります。一般の歯医者さんにはレントゲンもなく、レントゲンを撮る場合は総合病院の口腔外科へ行かねばなりません。

f:id:davaomania:20181123010622j:plain

待合室もフィリピンぽいでしょ?では本題の健康保険の話にします。

 

まずフィリピンで最もポピュラーな健康保険がフィルヘルス(PhilHealth)です。これはフィリピン政府が運営する公的機関で、フィリピンの病院の約9割の病院で適用されます。

日本人も加入できますが、条件は「フィリピン国内で就労可能なビザを有する」ということなんで、永住権やワーキングビザがある方が対象になります。

条件によってお値段は変わりますが、1か月で400円ぐらいの負担になります。民間の保険よりも安いのが魅力ですね。日本と同じように、世帯ごとに家族を追加することもできます。

これは私の勝手な主観なんですが、フィルヘルスは実質入院保険ではないか?と思ってます。フィリピンの病院の治療費は現金でも安いのですが、唯一違うのが入院です。入院費は私立病院ならば1泊1万円てなところもあり、安くはありません、いや高いです。で、その入院費を4割カバーしてくれる(6割は患者負担)のが、この健康保険です。

ちなみにダバオ市には南ミンダナオ医療センター(SPMC)という公立病院があり、フィリピンの公立病院の中でもトップクラスです。但しダバオ市民に限らず、ミンダナオ中から患者さんが集まってくるので、いつも混雑してます。理由はほとんどのケースが無料で受診できるからです。

とは言ってもそこは公立病院、実習中のインターンの先生も平気で手術したりするので、先生は選ばないととんでもないことにもなります。

話は逸れましたが、この4割カバーというのが上限で、普通の風邪程度ならば1割ぐらいしか健康保険でカバーされません。要は保険の適用額は症状別ということになります。

と、まあこんな感じなんですが、私の記事だけでは心許ないので、こちら↓を添付しておきます。但し英語です、すみません(-_-;) 

Philippine Health Insurance Corporation - Wikipedia

 

他には外資系のアクサ(AXA)やメットライフ(フィリピンの法人名はPhilam Life)などもありますが、投資として活かせるものや、補償があるタイプのものもあるので、保険は慎重に選びたいですね。あとは最近伸びてきたメディケアという健康保険もあります。

 

しかし忘れてならないものがあります。国民健康保険などの日本の健康保険です。これは非常に重要なことなのです。日本に住民票を置いたままフィリピンへ行き、病院で治療を受けた場合、領収書をもらって日本の各役所へ提出すれば、日本の健康保険と同様に7割の還付があります。もちろんフィリピン以外の海外でも同様です。意外とこれを知らない人が多いんですよね。

※日本からフィリピンへ転出届を出し、日本に住民票がない場合でも還付が適用になるケースもあるので、これは各自ご確認下さい。但し国民健康保険社会保険については現状適用外です。

 

これは例えばの話ですが、永住者が日本に住民票を置いたままフィリピンで入院したらどうなるか?フィルヘルスに加入してれば4割還付、日本へ帰国すれば7割還付、要は7+4=11で、1割儲かっちゃうんですよね(;^ω^)

 

但し結論から言えば、このパターンはやめといた方がいいです。不慮の事故の場合は仕方ないですが、重大な病気の場合はすぐに日本に帰国し、日本の病院で受診する方がいいと思います。フィリピンの病院に入院すれば院内感染の危険の確立も高いし、何より医療のレベルは日本のものとは雲泥の差です。

お世話になってるフィリピン国の悪口を言うようで心苦しいですが、この医療レベルの差だけは埋めがたいものがあり、これだけは皆さんにお伝えしなければならないと思ってます。

 

とまあこんな感じですが、健康でいれば何の問題もないわけで、やはり適度な運動とマルンガイは欠かせませんね、ちゃんちゃん(;^_^A

 

☆皆さん、いつもご愛読ありがとうございます(#^^#) この下の『フィリピン情報』をポチッと押して頂けると、すごく有り難いです。よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村