そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

必見!ダバオ旅行8つの心得

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^^#)

私は日本から来る友人に「フィリピンでは何に注意したらいいの?」とよく聞かれるので、そのまんま紹介したいと思います。ダバオ市は60年以上も台風の直撃がなく、気候に恵まれ、治安も良く、住みやすいとこではあるのですが、フィリピンの他地域とは違うルールがあるので、ご注意頂きたい点がいくつかありますマニラやセブなどに慣れてる方はちょっとビックリされるかもしれません。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ブログランキングに参加してます。↑上のバナーをポチっとお願いします!!

 

 

1.  タバコにやたら厳しい

f:id:davaomania:20181129162904j:plain

とにかくタバコに厳しいです。本来、フィリピン全体の法律なんですが、なんせ現大統領が20年間市長をやってた市ですから、ここは筋金入りの厳しさです。なわけで吸える場所は限られてますから、喫煙者(私も)は慣れるまで、ちょっと厳しい滞在になります。

 

場所で言えばほとんどダメで、レストランはもちろんダメ、バーやライブハウスみたいなとこでもダメです。基本的に吸える場所は一般家庭の敷地内、自家用車内(タクシー内はダメ)、モールの喫煙所(たいてい駐車場)、サマル島など離島のビーチリゾート、あとはホテルの一角でOKの場所もあります。

 

では公道など外で吸ったらどうなるか?警官に捕まります(-_-;) 状況により一定額ではありませんが罰金もあり、安くはないですよ。特に外人には厳しいので、喫煙者の方は絶対にお気を付けください。しかし「もう我慢できない。捕まってもいいから吸いたい」という方は、路上など周囲の監視カメラの有無を確認してください。

 

監視カメラがない場合は、もし捕まっても袖の下が通用する場合があります。但し監視カメラが多い中心部ではまず無理です。袖の下を受け取ると、警官自身も厳しく罰せられますから。但しこれは最悪のケースを想定してるだけの話で、勧めているわけではありません。「警官に袖の下」はそもそも違法ですから、本来やるべきことではありません、キッパリ!!

多彩なサービスで24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ

 

2.  釣銭を用意

f:id:davaomania:20181129165428j:plain

これについてはダバオ限定というわけではありませんが、釣銭は用意しておくべきです。これは大事なことです。たとえば上の画像のようなパレンケやサリサリでは、1000ペソ出しても、お釣りがない場合があります。特にサリサリはまずないです。顔見知りならばツケも効きますが、旅行者は無理です。

 

要は欲しい物がある場合は「買えない」か「お釣りはいらないよ」の二択になってしまうということです。紙幣は細かければ細かいほどいいのですが、少なくとも100ペソ紙幣は数枚用意しておきましょう。

 

ちなみにモールなどのグロッセリーには釣銭がありますが、レジが半端なく遅いので、お急ぎの際は時間を計算してお買い物しましょう。混雑してれば30分ぐらい待たされることもありますから(;^_^A

お得なレートで外貨両替するなら【外貨両替マネーバンク】

 

3.  酒類販売は10時まで

f:id:davaomania:20181129170652j:plain

これは旅行者にとっては意外な落とし穴です。日本やマニラで飲み慣れてる方にとっては、来てからガッカリすることになるので、先に知っておくべきでしょう。グロッセリーなど酒類販売はもちろんですが、上の画像のようなバーでも夜の10時で酒類のオーダーはストップということになります、一応・・・

 

「そんなのバレなきゃ大丈夫だよ」という方もいらっしゃいますが、ダバオのバーやライブハウスには1時間ぐらいに1回ぐらいは警官の見回りが来ますで、飲み屋の店長が気が利く人ならば、いざという場合には・・・

 

「いや、この人は客じゃなくて身内で、俺と個人的に飲んでるだけだ。だから看板も消してるでしょ」

 

ぐらいのことは言ってくれますが、店長不在で気が利かないスタッフしかいない場合は、警官に連行されてしまう場合もあります。あと警官が来た時は前述の喫煙もチェックされるのでご注意ください。

海外レストラン予約実績15万件!ご要望通りにレストランを予約します

 

但し一般家庭内で飲むのは何時まででも自由ですし、離島のリゾートなどは夜の10時以降でも酒類のオーダーOKのとこが多いです。プライベートビーチなんか、警官いないですからね。ちなみに家の喫煙については敷地内OKです。敷地外、たとえば家の前で夜10時以降でなくても(終日)、お酒を飲んでたりすると、通報されて警官が来ることもあるので、これもご注意ください。

 

4.  ビキニ禁止

f:id:davaomania:20181129171702j:plain

たとえばここ、上の画像のGap Resortには「ビキニ禁止」の看板が出てます。市内のリゾート系プールなどは、だいたいそういう看板が出てます。

GAP Farm (Davao City) - 2019 All You Need to Know Before You Go (with Photos) - Davao City, Philippines | TripAdvisor

 

実は以前、ここに日本から来た友人夫妻と行ったことがあるのですが、ヒジョーに気まずい思いをしました。友人の奥さんがビキニを着てたのですが、スタッフに注意されてしまったのです。で、それからどうなったか?タオル巻いてそのまんま動けず・・・めちゃくちゃ気まずかったです(-_-;)

 

要は私が悪かったのです。そういう基本的な事は初めての旅行者には伝えなきゃいけないのに、それを伝えなかった私の責任なのです。今回のブログもこの時のことが引き金になって作成したとも言えます。

 

私は移住の前からダバオには何度も来ているので、ビキニ禁止は当たり前のことだったのですが、それってよく考えたら当たり前じゃないですよね。フィリピンでもルソンやセブのプールで、ビキニ禁止なんて聞いたことありません。ちなみにダバオ市内のホテルのプールでさえ、ビキニ禁止がほとんどです。

参加者の92%が女子一人旅! 完全プライベートの癒し女子旅

 

では何を着ればいいのか?ナイロン製のTシャツにショートパンツのようなスタイルか、ワンピース水着です。これじゃあインスタ映えしないですよね。あと「綿の物はダメ」という表示があるとこも少なからずあります。但し10歳以下ぐらいの幼児はビキニOKのようです。

 

それでも全域ビキニ禁止というわけではなく、サマルやタリクドなど離島のプライベートビーチやリゾートはビキニOKです。フィリピンを代表するリゾート、パールファームビーチもビキニOKなんで、ビキニを着たい女性やお連れさんは、このようなリゾートをオススメします。

激安水着ならキララ
12時までの注文即時発送

 

5.  日本の電化製品は使えない

f:id:davaomania:20190719215847j:plain

これはダバオに限ったことではないのですが、念のために書いておきます。フィリピンのコンセントは日本のと同じ形なんですが、電圧が違うのです。フィリピンは220vで、日本は100vです。日本の電化製品は100vまでにしか対応できないということです。

 

日本から持って行かれる場合は電化製品を見て、100~220vと書いてれば使用できます。例えばiphoneなどアップル社製品は使えますちなみに私もiphoneなんで、そのまま使ってます。

世界中の家電商品を日本語で買える海外通販サイト【Etoren.com】

 

あとどうしても日本の電化製品が必要な方は、現地で変圧器を買うといいでしょう。日本の変圧器の半額以下で買えますから。帰りに重くて邪魔ならば、使い捨て感覚でもいいかと思います。あとは「私がもらう」という手もあります(-_-;)

 

6.  ギャンブル禁止

f:id:davaomania:20181129182806j:plain

上の画像はエコランドにあるSM内のビンゴセンターで、ここはOKです。

 

f:id:davaomania:20181129182943j:plain

これはApo View Hotel内のカジノで、ここもOKです。要は何を言いたいかというと、公営ギャンブルはOKということなんです。では何がダメかと言うと、ビリヤードや麻雀、カードゲーム(トランプ)などです。ビリヤードは法改正があってからめっきり少なくなり、リゾートにはありますが、街のビリヤード場はほとんどなくなりました。

 

麻雀に関してはそんなにやる人は多くないですが、やはりご注意ください。ちなみに日本の麻雀と違い配牌16牌で、役が単純な台湾麻雀に似てます。で、一番気を付けて頂きたいのはカードゲーム(トランプ)です。

 

トンイツという名前の3人麻雀のルールに似たカードゲームはかなり一般的に行われてますが、これは家の中でやっても違法なのです。もちろん何も賭けてなければいいのですが、そんな人はまずいません。で、友人宅や知人宅で仲間に入ってしまうと、思わぬ落とし穴があるのでご注意ください。

週末2日だけの短期集中英語!今すぐ英語が必要な方に!【 English Boot Camp 】

 

ではなぜ危ないのか?家の中でやってて何が悪いんだ?と思われるでしょう。これにはパターンがあって、大負けしてる人の家族が、ゲーム中に警察へ通報するのです。警官が来れば、負けた分を払わずに済むので、そういうことをするのが少なからずいます。これはダバオに限らず、カードゲームにはご注意ください。

 

7.  水道水を飲んでます

f:id:davaomania:20190719220458j:plain

私たちダバオ市民は基本水道水を飲んでますこれはフィリピンの中でもかなり特殊で、日本やフィリピンの他地域から来られる方はまずビビリます。それはどのガイド本にも「フィリピンの水道水は飲んではいけない」と書いてあるからです。

 

ダバオ市はフィリピン最高峰の山「マウントアポ」が水源になっており、そこから流れる水をダバオ市民は飲んでます。なわけでホテルやレストランで出される水は、ペットボトルに入ってなければ基本水道水です。

2019年 Mount Apoへ行く前に!見どころをチェック - トリップアドバイザー

 

私は移住する前、10年以上前ぐらいからダバオの水道水を飲んでますが、下痢したりお腹が痛くなったことは一度もなく、これからも水道水を飲み続けるでしょう。但し水道管そのものがやたら古いという場合もあるので、その辺の見極めは必要になります。

 

普段ミネラルウォーターを飲んでらっしゃる方は、もしかしたらダバオの水道水に適応しないかもしれません。なわけで「普通に出される水は水道水なんだ」という認識だけはしといた方がいいと思います。備えあれば憂いなしですからね。

 

8.  意外と寒い時がある

f:id:davaomania:20181129190514j:plain

ダバオのリゾートは海だけではなく山もあります。で、山に行くと、けっこう寒いんです。ちなみに上の画像はEden Nature Parkで、数年前ですが私が行った時は「長袖持ってくればよかったな」と後悔しました。ここにはプールもあるのですが、けっこう寒かったです(-_-;)

 

あとホテルの冷房にも要注意です。とにかく効き過ぎのとこが多いです。「弱にはならないのか」と思ったことも何度かあるのですが、OFFにすると暑いし、長袖着て冷房をかけるよりしょうがないかな・・・ということもしばしばありました。まあこれはフィリピン全体に言えることなんですけどね。

 

但し高級ホテルのエアコンは、スイッチで温度調節できるタイプがほとんどで、まず大丈夫のようです。しかしそれでもカーディガンなりジャージなり、少なくとも長袖の1枚や2枚はお持ちになった方がいいと思います。

 

まとめ

一言で言えば「ダバオは安全だけど厳しい所」です。ダバオ市民はドゥテルテ大統領が市長だった頃からこんな感じなので、これが当たり前と思って慣れてますが、フィリピン内でも他地域から来られる方は「えっ?」と思われることもあるでしょう。「旅の恥は掻き捨て」感覚の方は、ダバオはやめといた方がいいでしょうね。すぐ捕まりますから(-_-;)

 

他にもいくつかあり、たとえば「正月の花火」なんかも禁止されてます。花火そのものは指が飛んだり、事故などの危険性からフィリピン全土で禁止されましたが、他の地域ではまだ普通にやってますよね(-_-;) でもダバオは20年前からダメなんです。

 

とまあこんな感じです。私のように老後をゆったり過ごしたいと思って移住する方や、海が好きな方、グルメな女性、ゴルフ三昧を考えてる方たちには適した場所なのですが、刺激を求める男性やインスタ映えを狙ってる若者にはあまり適さない場所です。ここはぶっちゃけ地味です。

 

ダバオ市は一都市としては世界一の面積ですが、「フィリピン第3の都市」とは名ばかりで、人口は150万人しかおらず、マニラの人口の1/8なんです。つまり田舎なんですよね。夜の街も点在する程度しかなく、刺激を求める方はダバオではなく、フィリピンの中ではやはりマニラやセブをオススメします。

ダバオ - Wikipedia

 

私は正直ダバオは、住むには一番と思ってますが、旅行にはイマイチかなという気がします。非日常というより、ここは離島を除いてほとんど全てが普通なんですよね。なわけで、南国旅行をご予定の方で「ダバオ」という方は、今一度お考えになった方がいいと思いますよ。日本人はフィリピン観光ならセブかパラワン、刺激を求める方はマニラじゃないですかね⁉️あとダバオのフィリピン人、日本人にはそんなに愛想もよくないですよ。ではでは!!

 

もういっちょ~!!出来れば上のバナーもポチッとして頂けると大変有難いです(#^.^#)