ゆとり系おじさんの@年50万円生活

フィリピン国ダバオ市で@年50万円の生活費の範囲内で出来る楽しい事やフィリピンの文化を紹介してます

ダバオ風『バナナの花のサラダ』のレシピです~

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^^#)

今回はバナナの花のサラダのレシピを紹介します。日本の方にはあまり馴染みのない食材ですね。結論から申しますとダバオでは自然に生息してるバナナが多く、タダで手に入りやすい食材なんで、サラダだとまあまあ貧乏料理なんです。でもなかなかイケますよ!!ちなみにフィリピンではカレカレにも入ってますね。

f:id:davaomania:20181201121814j:plain

これがバナナの花です。うちの場合は裏庭の林にあるので、食材費はタダです。見た通り色は紫がかった茶色で、形はタケノコやみょうがに似ており、大きさは20~30㎝ぐらいです。ではポイントを・・・

1、外側の色が濃い部分と黄色い花は取り除き、色が薄くなればOKです。ちなみに上の画像はそれを取り除いた状態です。

2、包丁で切った時に筋のようなものが出てきますが、その筋みたいなのは苦いので取り除きます。

3、包丁で切るとすぐに黒ずんでくるので、切ったらすぐに茹でましょう。ちなみに酢水につけておくと黒ずまないそうですが、切って保存しておいてもしょうがないで、切ったらすぐ茹でればいいと思います。

f:id:davaomania:20181201122026j:plain

10~15分ほど茹でたら千切りにします。よく水気を取った方がいいでしょうね。

f:id:davaomania:20181201122145j:plain

マヨネーズと塩で和えました!!あとたまたまトマトがあったので、それも加えました。ちなみに今回はたまたま冷蔵庫にマヨネーズがあったからそうしたのですが、お酢や塩コショーだけでもOKだそうです。ちなみにフィリピンのマヨネーズは日本のよりも甘いので、マヨネーズを入れると甘めのサラダになります。

この手の料理は各家庭の味があり、「こうしなければならい」というのは特にありません。なわけで今回のレシピも「これが絶対正しいんだ~」というわけではないのです(;^_^A

f:id:davaomania:20181201122647j:plain

トッピングのじゃこフライです。日本のよりちょっと大きいです。これもたまたま冷蔵庫にあったからそうしました。ご家庭に豚やエビなどあれば、それをトッピングにしてもいいと思います。まあエビは高いので高嶺の花なんですけどね(;^ω^)

ちなみにフィリピンでは揚げ時間がやたらと長いです。この手の物は日本ならばせいぜい2~3分の揚げで十分と思いますが、フィリピンでは10分以上揚げたりします(-_-;)

f:id:davaomania:20181201123033j:plain

じゃーん!!!!!!!

出来ました!!カフェ風に盛り付けしてみました(#^^#) 貧乏料理とはいえ、我ながらなかなかオシャレに出来たと思ってます(;^_^A

で、お味の方はと言うと・・・

1、食感はタケノコの似ており、もう少し柔らかい感じ。

2、生ならば苦味や渋みがあるそうですが、茹でると消失します。今回はしっかり茹でたんで、苦みや渋みは全くなかったです。

3、ほのかな甘みと酸味があるはずなんですが、今回は甘いマヨネーズと和えたので、バナナの花自体の甘みかどうかはわかりませんでした(-_-;)

と、こんな感じです!!

で、今回はブログ作成にあたり栄養も調べてみました。鉄分やカルシウムを多く含み、貧血に効果あるそうです。あと血糖値抑制効果もあり、糖尿病にも効果あるそうです。また母乳の出もよくなるそうです。なかなか優れものなんですね。ブログ作って、私自身も勉強になりました~(#^^#)

 

皆さん、いつもご愛読ありがとうございます(#^^#) この下の『フィリピン情報』をポチッと押して頂けると、非常に有り難いです。よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村