ゆとり系おじさんの@年50万円生活

フィリピン国ダバオ市で@年50万円の生活費の範囲内で出来る楽しい事やフィリピンの文化を紹介してます

オオハナインコの値段におったまげ~

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^^#)

今回はオオハナインコの話です。

f:id:davaomania:20181202010855j:plain

先日、豚を洗ってると義弟に「クヤ、きれいな鳥がいるよ」と言われたんで、忍び足で見に行ったら、たしかにキレイな鳥がいました。野生の鳥でこんなキレイなの見たの初めてです。

f:id:davaomania:20181202011058j:plain

妻も呼び、しばらく3人でじ~っと見てたのですが、逃げる気配はなく、私たちをじっと見てました(たぶん)。

「なんでいるの?」と義弟に聞くと、「産卵だよ。たまに来るんだよ」とのこと。1年に1~2回見る機会があるそうです。 

f:id:davaomania:20181202011329j:plain

う~ん、この時ほど一眼レフを持っておけばよかったと思ったことはないです。しょせんはiphoneのカメラなんで、望遠だとこんな感じになっちゃいます(-_-;)

で、しばらく見てたのですが、産卵の邪魔しちゃ悪いと思い、私たち3人は退散しました。

 

ところが・・・・・

 

後日この画像を日本人の知人に見せたところ、「これはオオハナインコだよ。ダバオには野生のオオハナインコがいるんだね。ちなみにそれはメスだから値段は30~40万円だな」と言われました。

 

えっ???40万円???

 

それを聞いて、「卵産んだんだから、いるかもしれない」と思い、もう一度見に行ったら・・・・ビーン!!いない!!

 

でもまた来るかもしれないと思い、ちょっと調べてみました。オオハナインコはニューギニアインドネシア原産の大型インコで、寿命はなんと・・・・

 

40年~50年!!!!!!!

 

うそでしょ?鳥の寿命が50年なんて初めて聞きました。

で、オオハナインコの体の大きさは35~42㎝、体重は350~600gだそうです。特徴はオスとメスの色が違うことで、オスの羽根は濃いライムグリーン、脚のまわりはスカイブルーや赤い羽根が混じってるそうです。メスは頭からお腹は鮮やかな赤の羽根、翼はワインレッド、胸にはスカイブルーの羽根になってるそうです。

家族の話では、うちの裏の林にたまに来るのは赤のメスの方で、緑のオスの方は見たことないそうです。

 

性格的にはオスはのんびり屋さんで、メスの方が活発だそうです。好奇心も旺盛で高い知能を持ち、短い単語なら覚えられるそうです。

 

基本的には陽気だそうですが、神経質な部分もあり、飼い主の愛情を感じられないと傷つきストレスを感じる・・・って、ちょっと待てよ!!ペットショップのサイト見て、こう書いてたのですが、じゃあ野生のオオハナインコはどうなんですかね?飼い主いないんですけど(-_-;)

 

相場の価格帯は10~40万円で、オスとメスのペアで販売される場合もけっこうあるそうです。寿命が長いから高いんですかね?しかし相場の価格帯、オスが10万円でメスが40万円というのは、なんだか悲しくなります(-_-;) あと購入する際は、いろいろと手続きが必要だそうです。

 

あとオオハナインコはくちばしの力がかなり強いそうですが、無理やり手乗りにしようとしたり、触ろうとすると嫌がって噛まれてしまうこともあるそうです。

 

で、このこと(特に値段)を義弟や義父に伝えたところ、ただ笑ってました。「クヤ、鳥は放置がダバオ流だよ」と義弟に言われ、恥ずかしくなりました(-_-;) うっ、まさに自分はゲスの極み・・・頭の中、40万円でいっぱいでしたから。なわけで場所は知ってるけど、卵を取りに行くのはやめました、ちゃんちゃん(;^_^A

 

皆さん、いつもご愛読ありがとうございます(#^^#) この下の『フィリピン情報』をポチッと押して頂けると、非常に有り難いです。よろしくお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村