ゆとり系おじさんの@年80万円生活

フィリピン国ダバオ市で生活費の範囲内で出来る楽しい事やフィリピンの文化等を紹介してます!!

フィリピンの英語は2種類ある

皆さん、こんにちは。えくえくです(^_^)

今回は私が住んでるフィリピンの英語についてです。最近は英語留学でフィリピンも人気になってきたので、ご興味ある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

結論から言うとフィリピンの英語は大まかに2種類あります。日本人はフィリピン人の英語力に対して全く違う評価をするのはこのためです。

 

1、アメリカ英語に近い英語

いわゆるAmerican Englishで、一番実用的ですね。日本の英語の教科書ではイギリス英語(ある意味これが本物)が記載されてるので、それとは若干別物になります。

 

ちなみに英語堪能と言われる層でも、完了形の現在完了や過去完了など、フィリピン人の英語はhave/hasを使う時制がまずないのも特徴です。したがって込み入った話をする時には、「○月○日○時」と具体的に日時を出すことがトラブルを防ぐ方法になります。

 

ではどういう人がこのアメリカ英語を話すのか?これも大まかに3種類の階級の人がおり、フィリピンはカンタンな国と言う人も多いですが、実際はかなり複雑な構造になってます。

 

① 富裕層

私立小学校では英語での授業になるところが多いです。フィリピン人にとって英語は絶対的なもので、私立小学校に通う子供たちは、母国語(公用語はタガログ)があまりできないというケースも少なくはありません。

但し富裕層はごく一部で、私立小学校に通える層は限られており、地方では私立小学校がないところもあります。

そしてこの英語堪能な富裕層、日本に来ることは観光以外ではまずなく、日本人と結婚することもまずありません。つまり日本の皆さんが知らない未知のフィリピン人ということになります。

 

② ミドルインカム層

f:id:davaomania:20190122163310j:image

一般的な収入レベルの親が子供を私立小学校に行かせることは難しいことです。但し子供の将来を考え、私立小学校に行かせたいと考える親もおり、この場合は子供の数は1人か2人に限られます。5人兄弟で1人だけ私立というのは不公平ですから、現実的には無理なことなのです。

 

ちなみに上の画像は小学校1年のうちの甥っ子のテスト用紙です。ミドルインカム家庭の一人っ子でここに属し、フィリピン語はほとんどできません。自国語をあまりできないというのは、個人的には少し心配なのですが、この国は何でもありなので、それを気にする人はあまりいないようです。

 

貧困層

貧困層出身者で英語がうまい人もいます。そして人口の約4割が貧困層という国ですから、いわゆる少数派ではありません。但し英語ができる貧困層は人口から言えばごく少数でほぼ女性限定、具体的には配偶者またはボーイフレンドがアメリカ人など英語圏出身者の場合に限られます。もちろん「以前そうだった」という過去も含まれます。

 

但し数年前にスービックの在比米軍基地が撤退したことで、アメリカ人の数は減り、最近は退役軍人のアメリカ人は配偶者というパターンが最も多いです。

 

ちなみに在日フィリピン人のほとんどは貧困層出身で、特別な事情がない限り、英語はあまりうまくありません。日本の皆さんは「フィリピン人はみんな英語ができる」と思ってる方が多いですが、英語が堪能ならばそもそも日本に出稼ぎには来ないのです。それは欧米諸国に比べて日本の給与水準があまりにも低いからです。尚、英語の歌を歌えるから英語ができるというわけではありません。日本の皆さんはおそらくそこを勘違いされてるのだと思います。

 

ではさらに複雑なこと言いますね。実は高い学費を払う私立小学校よりも学費無料の公立小学校の先生の方がレベルは高いのです。但し小学校を卒業できない子供がまだ3割いる国ですから、いくら先生が優秀でも、毎日小学校に通える私立校の生徒と差がつくのは当然のことなのです。

 

公立小学校の先生は正規教員資格を持ち、私立小学校の先生の給与の5割ほど高くなってます。なわけで私立小学校の先生も一定資格を取ると、公立小学校へ転籍します。そりゃあそーです、給料5割増しですから。

 

2、スペイン語に近い英語

f:id:davaomania:20190122090326j:image

上の画像はうちの近所の公立小学校です。この「スペイン語風の英語」を話すのは、前項①〜③以外の人たちなので、国民の大多数ということになります。そして時制はめちゃくちゃですが、とにかくしゃべるという特徴があります。私は「とにかくしゃべるということが大切なことだと思ってます。

 

日本人はこの「スペイン語に近い英語」を「訛っている」と評価してますが、これでも十分英語圏の人間には通じるのです。私は訛っているというよりも、これはこれで独自文化としてアリだと思ってます。それは通じるということが一番重要なはずだからです。

アロヨ政権時代、「タガログかイングリッシュか曖昧なタグリッシュを使うと正確な公用語タガログの文化が失われていく」と社会問題にしようとしたのですが、何の影響もありませんでした。そんなことを気にする国民性ではないですからね。ちなみにvacationはタグリッシュではbakasyon(バカション)になります。

 

そしてスペイン語風英語を話すフィリピン国民の多くは、英語のスペルをそのまま読んで発音します。例えば…

hello  ヘロー

open  オーペン

eleven  イレべン

cracker  クラッケル

inverter  インベルテル

curtain  クーティン

などなど例えを言えばキリがありませんが、エアコンはインバーターではなく、インベルテルですからね。

私はかつて、このフィリピン英語を理解できませんでした。もう何年前か忘れましたが、きっかけになったのはこの歌でした。

www.youtube.com

私の大好きなフィリピンを代表する歌手マーティン・ニーベラの歌声です。マーティンはアメリカでも活動してた時期があるので英語は堪能なはずなんですが、just onceのonceは、ワンスよりもオンスに近い発音をしてるのに気がつきました。

 

この時に「もしかしたらフィリピン人はローマ字をそのまま読んでいるのではないか?」と思ったのです。当時、座間の在日米軍基地にアメリカ人の友人が数人おり、フィリピン人の英語について聞いてみました。

 

「あれはヒスパニックの英語で、日本人の君には悪いけど日本人の英語よりわかりやすい。少なくともスペルはハッキリわかる」と言われました。アメリカはヒスパニック系民族も多く在住し、アメリカ人自身が第二外国語としてスペイン語を取っているケースも多いので、そのままローマ字読みするヒスパニック系の英語には慣れているとのことでした。

 

私はその日からフィリピン人の英語は聞いてから頭の中でスペルをローマ字に変換する方法を取りました。するとどうでしょう、友人のアメリカ人の言う通り、ほとんど理解できるようになりました。そしてそれまではわかりにくいと思っていたフィリピン人の英語は、逆にわかりやすいと思うようになりました。

 

結論、英語はネイティブ風に話せればカッコイイですが、英語のスペルをそのままローマ字変換で読んでも英語圏の人間には通じるのです。

私が日本の皆さんに言いたいのは、一定の年齢に達してから英会話を習うならば、思い切ってローマ字のまんま発音をしてみるのも一手ではないかと思うのです。helloはハローではなくヘロー、そしてグッドイベニングです。通じれば勝ち、勝てば官軍でしょ~!!!!!

 

ブログランキングに参加してます。この下の『フィリピン情報』をポチッと押して頂けると大変ありがたいです(#^.^#)

  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村