ゆとり系おじさんの@年80万円生活

フィリピン国ダバオ市で生活費の範囲内で出来る楽しい事やフィリピンの文化等を紹介してます!!

自宅カラオケセットは必需品です

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回のテーマはカラオケです!!!!!

f:id:davaomania:20190303162652j:image

昨日は義兄がUAEから戻って来たので、うちに遊びに来ました。まあ家は隣の隣なんで、遊びに来たというほどでもないんですけどね(-_-;) ちなみに妻の実家はうちの隣なんで、三軒続きになってます。で、なんとなくカラオケになりました。

f:id:davaomania:20190303162738j:image

うちのカラオケチェンジャーはこれです。ピンキリで言えばキリの方です。なんせ4000ペソ(8000円ちょい)ですから(-_-;) 但し14000曲入っているので、パーティの時など特に困ることはありません。

f:id:davaomania:20190303163002j:image

但し問題はこの歌本、歌手別がないので、タイトルを知らないと探せないのです(-_-;) 「8000円ちょいで14000曲入ってるならいいや」と思って買ったのですが、さすがに安物には落とし穴がありました。

f:id:davaomania:20190303163538p:image

なわけで私は歌本を使うとみんなの邪魔になるので、スマホのメモ帳に自分が歌えそうな歌を100曲ほど書いてあります。すぐに番号入力できるので、意外と便利ですよ。

f:id:davaomania:20190303163819j:image

これはカラオケ用のスピーカーです。これも7200ペソ(15000円弱)と安物ですが、かなりの大音量が出るので、これで十分満足してます。

f:id:davaomania:20190303164012j:image

このスピーカーをなぜ気に入ったかというと、持ち運びが楽だからです。上の画像のようにスーツケース型になっているので、ベランダや駐車場でもカラオケできます。日本の皆さんは不思議に思われるかもしれませんが、ここダバオ市では屋外でカラオケするのが一般的なのです。但し屋外はエアコンないから、暑い日はやはり屋内がいいですね。

f:id:davaomania:20190303164329j:image

15000円弱のスピーカーですが、ワイヤレスマイクを2本サービスしてくれました。

f:id:davaomania:20190303164427j:image

但しなぜかフィリピン人は有線のマイクを好みます。なんでかな?わかりません。

f:id:davaomania:20190303164726j:image

上の画像は使用中の状態です。誕生日やフィエスタ、クリスマスなど、なかなか役に立つカラオケセットです。

f:id:davaomania:20190303164856j:image

そしてカラオケのお供と言えば、当然ビールですね。これはサンミゲル社のレッドホースという銘柄で、かなり一般的に飲まれてます。まあうちの方ではこれ以外ほとんど見ることないですね。ちなみにフィリピンではビールに氷を入れるのが一般的です。

 

冒頭に「なんとなく始まった」と言いましたが、この「なんとなく」が意外と重要なことなのかもしれないと思ってます。フィリピン人は意外とシャイなとこがあり、よほど親しい間柄でないとカラオケをやらなかったりします。「カラオケやるぞ~」と意気込み見せると、あからさまにドン引きしたりします。但しやり始めると止まらなくもなったりするのですが(;'∀')

 

この国は自宅でのカラオケセット普及率は非常に高いです。貧困世帯でも「冷蔵庫と洗濯機はないけどカラオケセットはある」という家が少なからずあります。まあ家でビール飲んでカラオケやってりゃ、大したお金もかからず楽しめますからね。やはり私のような「@年50万円生活」のおじさんには必需品ということなんです('◇')ゞ

 

ブログランキングに参加してます。この下の『フィリピン情報』のバナーをポチッと押して頂けると大変ありがたいです(#^.^#)

  にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村