そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

ダサかっこいい愛車@フィリピン

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回は私がフィリピンで初めて買った愛車の話です。こちらフィリピンでは日本とは違う中古車事情があります。

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

↑応援クリックをポチっとお願いします

 

f:id:davaomania:20190423191609j:image2017年、移住したらすぐに車は必要と思い、フィリピンに行く前にネットで中古車を探しました。フィリピンの中古車センターはやたらと高いので、個人売買の中古車をネットで探しました。上の画像のトヨタアバンザあたりが手頃かなと思ったのですが、義弟と妻のいとこの車のメカニックに見に行ってもらったら「エンジンがすぐオーバーヒートしてダメ」とのことで、このアバンザはやめました。

www.olx.ph

その後も理由はそれぞれでしたが、トヨタアバンザ→三菱アドベンチャートヨタフォーチュナーと3台連続で義弟たちのGOサインはもらえず、「やっぱ中古車の程度が悪いフィリピンでは新車じゃないと無理かなあ」と思いつつ、これが最後!!と思って義弟たちに見に行ってもらったのが、今見たら画像はなくなってますが、このいすずクロスウィンドでした。でもこの車はあんまり好きじゃなかったです(;'∀')

 

ところが義弟たちから「内外装はともかく、走行は62000kmと少なく、足回りの程度も良く、エンジンの程度は極上。かなり割安だし買った方がいい」と言われ、初めてお墨付きをもらえました。なわけで速攻日本からお金を送り、義弟に買ってもらいました。ちなみにオーナーは弁護士で、しかもサードカーとのこと、これは・・・・・

 

値引きチャンス!!!!!

 

ですよね。そもそも割安だった2012年式(当時5年落ち)クロスウィンドAT、58万ペソ(125万円)の売値は義弟に交渉してもらい、即日3万ペソ(65000円)値引きしてもらい、55万ペソ(118万5000円)で交渉成立しました。その後車の書類を見たら、2012年の新車時に込み込み130万ペソ(280万円)で購入してることがわかり、さすが弁護士は太っ腹だなと思いました。

 

f:id:davaomania:20190423195910j:image

上の画像はダバオへ移住した翌日です。妻は不安そうでしたが、私は移住前にフィリピンでは何度も運転してるので、特に不安はなかったです。但し以前運転したことがあるのは毎回小型のレンタカーだったんで、妻が不安になるのも無理はありませんでした。

 

f:id:davaomania:20190423200152j:image

私はクロスウィンドの外観はあまり気に入らなかったのですが、唯一気に入ったのはこのバスっぽい三列目シートです。いっぱい人を乗せられるし、シートを折りたためば荷物もけっこう積めます。

 

f:id:davaomania:20190423200407j:image

購入当初は外に駐車することが多かったので、いろんなことがありました。上の画像のように鍵をこじ開けられたり・・・・・

 

f:id:davaomania:20190423200540j:image

窓ガラスを石みたいな物で傷つけられたり散々でした。しかしそんなことは気にしてられなくなりました。家の新築工事が始まったからです。

 

f:id:davaomania:20190423200725j:image

私は元々日本では整骨院や整体院、整体スクールなどを経営してたので、建築作業はど素人です。しかし職人のあまりのひどさに「これは自分でやるしかない」と思い、職人は二人辞めてもらい、私と妻が建築作業に参加しました。人間「やるしか道はない」と思うと何でもできるもんですね。妻ももちろんど素人ですが、最後は技術的にペンキ職人より上手くなりました。

 

f:id:davaomania:20190423204515j:image

というわけで、移住してから2カ月後にこの車は乗用車ではなく、建築資材運搬車になりました(-_-;)

 

f:id:davaomania:20190423204745j:image

毎日泥や砂だらけで重い物を乗せ、この車はホントによく頑張ってくれました。家は工期4カ月の予定が結局1年かかったのですが、とにかく完成出来たのはこの車のおかげでもあります。特にセメントは1サック40㎏、10サック積んだら400㎏ですから、リアは横から見るとはかなり下がりましたが、それでもこの車はヒーヒー言いながら頑張ってるように見えました。

 

f:id:davaomania:20190423205051j:image

うちは隣が妻の実家、その隣が義兄の家、裏には親戚が30人ほど住んでいるので、10〜15人乗ることもよくあります。ちなみに子供ばかりの時に最高18人乗せたこともあります。

 

f:id:davaomania:20190423205315j:image

バランガイ選挙の時は選挙応援カーとしても活躍しました。大型車はポスターがいっぱい貼れるからです。で、うちの一族が擁立したバランガイキャプテン(村長)候補は落選しましたが、カガワッド(評議員)とジュニアカガワッドは見事当選しました。まあ村長選挙みたいなものです。

 

f:id:davaomania:20190423205841j:image

この車で練習して、妻も自動車運転免許を取得しました。実は中古車にしたもう一つの理由はこれです。今まで運転したことがない妻がぶつけてもいいように中古車にしたのです。やっぱ新車をぶつけられるとショックですからね。で、早速ぶつけました(-_-;) まあリアのバンパーがちょっとへこんだだけなんで何の問題もないですが、これからもぶつけそうです(;'∀')

 

f:id:davaomania:20190423210338j:image

そして今は家も建ち、駐車場に納まってるクロスウィンド号。この車はバッテリーがあがったこと以外、買ってから一度も故障したことがありません。私は正直機械オンチですが、義弟と妻のいとこの目利きは正しかったのです。「フィリピンの中古車は程度が悪い」と、たくさんの人から聞いていたので「いつ止まるのかな⁉️」と思いながら運転してましたが、しばらくは大丈夫そうな雰囲気です、たぶん(;'∀')

 

ホント言うと、これを買った時は1年経ったら新車に買い換えるつもりでした。いわゆる「とりあえず」というやつです。ところが1年以上経っても、いろんな思い出が積み重ねられて、今は手放せなくなりました。妻もなぜかこの車が気に入ってます。いすずクロスウィンドは2002年からモデルチェンジをしてない化石のような車で、新車でもエアーバッグさえ付いていません。在比日本人が見ればもちろん、フィリピン人から見ても旧式でちょっとダサい車なのです。ちなみに傷もいっぱいありますが、その傷一つ一つに思い出があって直す気になりません。

 

義弟は当時日本にいた私が「車を買う、中古車ね」と言ったので、車を探すためにわざわざ車の運転免許を取りに行ってくれました。妻の実家には車がないのです。元々バイクやトライシクルの運転はやっていたので私は「感覚的には問題ないだろ」と思ってたのですが、義弟が実際に運転してる姿を見ると、座席を一番前に出し、必死こいて運転してました。移住してからそれを見て「なんか悪いことしたなあ」とちょっと反省しました。なわけで、この車のためにわざわざ免許取得してくれた義弟の思いも詰まってるのです。

 

妻はこの車を「ブサ可愛い」と言います。日本にいた時にお笑い番組を見て覚えた言葉です。私はこの車「ダサかっこいい」と思ってます。けっして人に自慢できる車ではありませんが、私たち夫婦にとっては共に戦ってきた戦友でもあり、可愛いやつなのです。ではでは!!

 

もういっちょ~!!出来れば上のバナーもポチッとして頂けると大変有難いです(#^.^#)