そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

アリエル・リベラ 勝手にベスト5 @フィリピン

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

今回は私がOPM(Original Philippines Music)にハマるきっかけになった歌手「Ariel Rivera(アリエル・リベラ)」を紹介したいと思います。ちなみに日本で言えば井上陽水クラスの大物歌手です。フィリピンの音楽はガチャガチャしたうるさいのもありますが、日本の曲にはないようなキレイなメロディの曲もたくさんあります。

Ariel Rivera - Wikipedia

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大変恐縮ですが、↑応援クリックをポチっとお願いします。

 

f:id:davaomania:20190621173611j:image

きっかけはこの1枚のCDからでした。20年ほど前、私の誕生日プレゼントにもらったこのCD、車の中で聴いて愕然としました・・・

 

なんてきれいなメロディなんだ!!

 

20年前、当時の私は比国系の飲み屋にハマっており、1年365日の内330日は確実に行ってました。今思えばバカでしたね(-_-;) で、カラオケと言えばお決まりのワンパターンソングSino SiyaやIisa Pa Lamang、Magihintay Ka Laman、そして定番デュエットのPangakoなど、OPMなど大して好きでもないのに、なんとなく簡単そうな歌を歌ってました。しかしアリエル・リベラのアルバムを聴いて、カルチャーショックを受けました。というのは、それまでの私は「フィリピンの歌は芋っちくてダサい」と思っていたからです(;'∀')

 

f:id:davaomania:20190620221700j:image

そしてそれから10数年経った2012年7月に横浜の山下公園で行われたBarrio Fiestaで、ついに本物のアリエル・リベラを見ることが出来て感動しました。

日本国内はもちろん世界中の音楽・スポーツイベントのチケットがviagogoで手に入る!

 

f:id:davaomania:20190620221637j:image

テンション上がってかなり調子乗ってました、私。まあアリエルは思ったより小さくて、ちょっとビックリしたけど、今思えばフィリピン人男性の平均身長は160cmですから、普通なんですよね。それではパンパカパーン!!アリエル・リベラ、勝手にベスト5の発表です。

 

第5位  Sana Kahit Minsan

youtu.be

イントロがいかにもフィリピンぽくてノリのいいこの曲、私は飲み会の初っぱなはだいたいこれを歌います。アリエルの曲はこの曲に限らず途中で変調するパターンが多く、それがまたいいのです。但し早口のパートがけっこうあるので、歌えるようになるまで、けっこう練習した思い出があります。

カラオケ上達・音痴改善の為のボイストーレニング【ボーカルレッスンMyU】

 

第4位  Sana Ngayon Pasko

youtu.be

「今日がクリスマスならいいなあ」というこの曲、タイトルからしてフィリピンぽくて大好きです。フィリピンでクリスマスは特別な日ですからね。ちなみにこの曲はアリエル以外にいろんな歌手が歌ってますが、私はアリエルバージョンが一番好きです!!

 

第3位 Getting Know Each Other

youtu.be

第3位はこの曲です。OPMというよりも、昔のカリフォルニアサウンドを思わせるような軽快な曲です。「これからお互い少しずつ知り合っていこうね」というこの曲、私みたいなおじさんが歌うとちょっと変な気もしますが、そんなことはスルーして歌ってます(-_-;)

 

第2位 Simple Lang

youtu.be

「シンプルな生き方が素晴らしい」という内容のこの曲が第2位です。私はフィリピンで友人の結婚式の時「何か歌ってくれ」と、突然言われたので、迷わずこの曲を歌いました。それは「とりあえず飯が食えて、健康で、家族仲良きゃそれで幸せじゃん」という私のメッセージでした。まあホントは結婚式で歌う曲じゃないんですけどね(^_^;)

自己資金は5万円だけ。価格保証された新しいウェディングなら【会費婚】

 

第1位  Pinilit Kong Limtin Ka

youtu.be

何と言ってもこの曲です。20年前、初めて聴いた時にあまりのメロディの美しさに感動して、悲しいことなんか何にもなかったし、歌の意味も当時はほとんどわからないのに、車の中で涙が出てきたこの曲です。フィリピンでもあまり有名な曲ではありませんが、今でも私の中では名曲中の名曲です。ぜひご視聴ください(^o^)

 

f:id:davaomania:20190620222126j:image

しかしその後予期せぬことが起こりました。2015年9月、代々木公園で行われたフィリピン フェスティバルでのことです。この時のお目当てはRey Valera(レイ・バレラ)でした。この人はヒット曲もたくさんある大物歌手(日本で言えばさだ まさし)なんですが、とにかくしゃべるしゃべる。ぶっちゃけ漫談家かと思うほど、笑いのセンスがありました。その中で「チャリティコンサートみたいにギャラが安い時、シャロン・クネタは来るけど、アリエル・リベラは絶対来ない」と言って、場内は大爆笑・・・でも私は笑えませんでした。

楽器買取専門店【楽器の買取屋さん】最短30分の無料の出張見積もり

 

「そんな銭ゲバだったのか」と思い、ちょっとガッカリしました。そもそも誰に聞いても「アリエル・リベラの曲はいいけど、性格はあまり良くない」と言います。フィリピン人に「オレはアリエル・リベラのファンなんだよ」と言って、いい顔された試しがありません。聞いてみると、アリエルが何か悪いことをしたというわけではないらしく、「なんとなく取っ付きずらいイメージ」とか「鼻が高くて澄ましている」と言うのです(-_-;)

 

でもアリエルの曲はやっぱりいいんですよね。別に恋人になるわけじゃないし(-_-;) ちなみにフィリピンの曲は、オリジナルとカバーバージョンの区別があまりハッキリしません。まあネットなどで調べればわかりますが、めんどくさいからしてません。というのは、フィリピン人はオリジナルが誰の曲であろうと別に気にしないからです。また「Minsan Lang Kitang Iibigin」も素晴らしい曲だと思うのですが、昔比国系飲み屋で、私が嫌というほど歌った曲なんで除外しました。そして今は全く歌いません。それは自分自身が昔を思い出して、妙な気を起こさないようにするためです(-_-;) ではでは!!

 

もういっちょ~!!出来れば上のバナーもポチッとして頂けると大変有難いです(#^.^#)