そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

7つのダバオあるある

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

最近SNSやブログなどでよく見かける「フィリピンあるある」ですが、私の住むダバオ市では「そうかなあ?」と思うのもけっこうあるので、今回「ダバオあるある」を作ってみました。フィリピンは地域差や階級差があり、また同じダバオ市内でも習慣には若干違いはあるのですが、私の地域ではこんな感じになります。ちなみにダバオの人のことを「Taga Davao」と言い、要はダバオ人ということです。

 

1、やたらと生姜を入れる

f:id:davaomania:20190701161554j:image

とにかく何でもかんでも生姜が入ってます。上の画像はシニガンですが、当然生姜入りで、レストランでさえ、生姜入りのとこが多いです。初めは「えっ?」と思った生姜入りシニガンですが、慣れると美味しいです。ちなみにウィキペディアを見たら、そのこと書いててビックリしました。

シニガン - Wikipedia

 

ダバオの家庭料理はラウオイなど、フィリピンレストランにはないメニューが多く、生姜入りであっさりしており、日本人には合ってると思います。但しカレカレに大量の生姜は「ちょっとどうかなあ」とは思ってます(-_-;)

冷え性・便秘にお悩みの方向け<生姜発酵ドリンク>

 

2、ビサヤしか喋らない

f:id:davaomania:20190701162941j:image

皆さんはドゥテルテ 大統領のスピーチを聞いたことがありますか?あれがダバオ人の英語です。ぶっちゃけ英語を喋っても、ビサヤにしか聞こえないという独特のアクセントなんですが、私は個人的には好きです(#^.^#)

www.youtube.com

 

もちろん市役所やイミグレーションなど公的機関のスタッフは英語をしゃべりますが、一般市民はまず喋りません。実は義理の叔父の奥さんと妻のいとこは学校で英語の先生をやってるのですが、もう10年間も私と英語で話したことがありません。たとえばノルウエー人の義兄(妻の姉の旦那)のように英語しか理解できない場合はもちろんみんな英語をしゃべりますが、相手が少しでもビサヤを理解できると、一切英語は話さなくなります。で、以前「なんで英語を話すのが嫌なのか?」を近所の人も含めて数人に聞いてみたのですが、共通するのは「なんとなく嫌」と・・・

 

それじゃわからん!!

 

しかし英語の先生でさえ、日常的に英語を話すのは嫌なわけですから、ここダバオで生きていくにはビサヤ習得するしかないと感じました。あとは「一切ビサヤを覚えない」という方法もありますが、ダバオ人にとって英語を話すのは苦痛のようですから、苦痛を強いるのもいかがなものかと・・・

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

 

3、女性の服が地味

f:id:davaomania:20190701170102j:image

とにかく地味です。私が初めてダバオに来たのは10年前でしたが、「ここはマニラと同じフィリピンか?」と思うほど地味でした。それは今でも変わらず、女性にあまり自己主張の気概を感じません。マニラと比べて水商売の女性が圧倒的に少ないというのもあるかもしれませんが、私はかつてあまりの地味さに「ここは日本か?」と感じたこともありました。

 

なんでかわかりませんが、ダバオ人は大阪人とかぶるとこがけっこうあり、もしかしたら大阪弁で言うとこの「イキリ」になるのが嫌なのかな?あと「ビキニ禁止」が多いダバオですから、元々そういうとこなのかなという気もします。

日本最大級のブランドバッグレンタルサービス【ラクサス】

 

4、眉の上げ下げだけで挨拶する

f:id:davaomania:20190701171452j:image

上の画像のように眉の上げ下げだけで挨拶する人が多くいます。目というよりも眉を動かす感じでウインクとも違います。この際、軽く笑顔を作ります。つーか・・・

 

声で挨拶しろよ!!

 

とも思うのですが、ダバオは怠慢な人が多く、ちょっとした動きや発声すら省きたがります。他には「ドアを閉める」動作さえ嫌がるのも多いです。要は「こんにちは」とか「おはよう」という発声はしないということです。しかしこれに慣れてしまうと楽なので、私も最近は眉毛の動きのみで、「おはよう」などの発声はしなくなってしまいました。これでいいのかなあとも思ってますが(-_-;)

ヨーロッパで開発されたホンモノの「まつ毛」「まゆ毛」美容液【エクストラロングラッシュ】

 

5、デブが多い

f:id:davaomania:20190701174236j:image

いったいこの10年で、ダバオに何があったのでしょうか???男女共にデブが増え、つーか私もデブなんですが、とにかくデブが増えました(-_-;) ダバオ市内のモールに行かれたらわかると思いますが、特に女性はデブだらけです。「ここはアメリカか?」というほどデブだらけで、モールにいる女性なデブ比率は50%を超えます。しかし「10年前はこんなんじゃなかったのに、いったい何が?」と久々に帰国した義兄も驚いてました。

 

妻曰く「イナサルのご飯食べ放題の影響」と言ってますが、はなはだ疑問です。というのは「ご飯食べ放題」はダバオでなくても、イナサルでなくても、今やフィリピン全国どこでもあるからです。妻が言うのが原因ならば、フィリピン中デブだらけになってるはずですよね。ま、それだけダバオ市民が裕福になってきたということなのかな⁉️でもそれだけかなあ・・・

今こそ!理想の美脚に!ラ・パルレ『速攻!セルキャビ美脚コース』

 

6、歌がヘタクソ

f:id:davaomania:20190701181008j:image

平均的に言えば、マニラの人とは違い、ダバオ人の歌のヘタさには驚きます。もちろん私は審査員ではありませんから、他人がヘタクソでも別に構わないのですが、近所でしかも屋外のカラオケで、一日中ヘタクソな歌を聞かされると、ホントに参ります(-_-;)

 

これは私の感覚ですが、KTVの女性などを除いた一般市民が100人いたとすると、マニラの人は「上手い20人、普通50人、ヘタクソ20人、音痴10人」で、ダバオ人は「上手い5人、普通35人、ヘタクソ40人、音痴20人」になります。しかし「フィリピン人は歌が上手い」って、誰が言ってるんですかね⁉️たしかに上手い人はビックリするほど上手いことはたしかですが・・・。ちなみにダバオ人はカラオケで歌わない人の比率も高く、実際のヘタクソ比率はもっと高いのかもしれません(-_-;)

大声出してストレス発散「叫びの壷」

 

7、ブッフェでもご飯はしっかり食べる

f:id:davaomania:20190701183435j:image

これはもうわけがわかりません。フィリピン人がご飯好きなのはわかるのですが、おかずの種類がいっぱいあっても、ご飯はしっかり食べるのです。で、ご飯いっぱい食べるから、あんまりおかずを食べれないとか、デザートは食べれないとか、そんなのばっかりです。私がセコイのかもしれませんが、コスパとか考えないんですかね⁉️まあイナサルでならわかるのですが(-_-;)

海外レストラン予約実績15万件!ご要望通りにレストランを予約します

 

以前にマニラやマカティでブッフェに行ったことはありますが、フィリピン人でもそんなにご飯は食べてなくて、当時は「日本人の食べ方とあんまり変わらないんだな」と思ったのですが、ダバオに来たら大違い!!ご飯は絶対おかわりするし〜(-_-;) 但し例外は旦那さんが日本人やアメリカ人のフィリピン女性で、彼女たちはブッフェではご飯をあまり食べません。しかしご飯で腹膨れてくれるなら、ブッフェの店側はウハウハですよね(;'∀')

 

とまあ今回は7つの「ダバオあるある」ですが、また気がついたらアップします。まだまだあるような気がしてます。ではお楽しみに〜!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

最後に上のバナー👆をポチっとお願いします。日本ブログ村ブログランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。