そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

ミンダナオの大地震でパニック

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) おととい10月15日、うちのまわりの様子が変だなと思い、「悪い予感がする@ダバオ」というタイトルで、ブログとYouTubeを投稿したのですが、翌日16日にそれが現実のものになってしまいました。尚、前回のブログはこれ↓です。

悪い予感がする@ダバオ - そうだ!フィリピンに住もう

 

f:id:davaomania:20191017111727j:image

これ↑です。震源地や地震の大きさは各報道機関でバラバラですが、とにかくダバオ市内の私の家はかなり揺れました。義父は70歳で、70年間ダバオに住んでしますが、今回の地震ほど大きいのは経験がないそうです。ニュースはこちら↓。

フィリピン・ミンダナオ島でM6.4の地震 子ども1人死亡 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

 

f:id:davaomania:20191017112300j:image

地震が収まってホッとしてた8時頃、「津波が来る〜!!」というけたたましい声と共に、近所の人たちがうちの前を走って行きました。その姿はまさにパニックでした。そして私も家族を12人を車に乗せ、とにかく海と反対方向へ逃げました(-_-;)

 

f:id:davaomania:20191017112537j:image

しかし5分程度走ると渋滞にハマり、車が進まなくなりました。うちの地域はダバオ市内のトリル地区、海から3kmぐらいのとこなんで、津波が来るなら逃げなければならないのです。

 

f:id:davaomania:20191017112934j:image

こういう時に頼りになるのがラジオです。しばらくすると「津波はない」との放送があり、一気に帰宅の途に着く人が増えました。しかしダバオ市内で津波パニックになったのは、私が住むトリル地区だけなのです。

 

誤報というと言う人もいますが、そもそも誰に聞いても、その時津波の情報はどこからかわかってなかったのです。一説には「ライフセーバーが海水の水位が異様に低いから津波の可能性がある」と誰かに言ったそうで、それが口コミで広がったようです。それとうちにとって決定的だったのは、バランガイ(村役場)の職員が「津波だー」と叫びながら走ってきたからです。尚「津波が来る」というフェイクニュースフェイスブックで流した17歳の少女と母親は、後日逮捕されました。

 

たしかに地震の直後、みんな外に出て、大声で叫んでましたから、報道云々よりも口コミで広がったというのが現地の感覚です。そもそもテレビではそんなこと言ってなかったし、貧困地域なので、スマホなんて持ってない人がほとんどですからね。

 

www.youtube.com

尚、この避難の様子はYouTubeに↑投稿したので、ぜひご覧ください!!また「チャンネル登録」もぜひよろしくお願いします!!

 

f:id:davaomania:20191017114236j:image

そして帰宅して情報を拾ってたら大変。ジェネラルサントス市のモールが火事になってました。

【インズウェブ火災保険一括見積もりサービス】

 

f:id:davaomania:20191017114946j:image

そしてダバオ市の隣、ディゴスもかなり揺れたそうです。また夜11時過ぎ、うちのまわりの人たちは一度帰宅したにもかかわらず、再度山の方へ避難した人たちもいました。逃げるに越したことはないわけで、うちもどうしようかと思いましたが、万が一の場合はうちの隣の妻の実家の2階に避難するということで寝ることにしました・・・が、寝てる家族を守らなければならないので、ホントはあまり寝れず、今も眠いです(-_-;)

 

f:id:davaomania:20191017114655j:image

そして翌日の本日、ダバオらしい青空が戻りました(#^.^#) 実は昨晩深夜は豪雨だったのです。学校は本日休校になってますが、それ以外はいつもと変わらぬ私のまわり、いったい昨日の騒ぎは何だったのか?夢でも見てたような気分です。とは言っても今朝から余震はちょいちょいあるのですが(-_-;)

 

しかし亡くなった方もいらっしゃるし、昨日は料理中に火をつけっぱなしで避難して、家が全焼した人も近所にいます。今、妻がいざという時にすぐ逃げられるよう、食料などをカバンに詰めてます。また渋滞を避けられる道も家族で検討中です。「備えあれば憂いなし」とはよく言ったもんです。

 

最後に微妙な話を一つ。地震直後、マティーナというとこに住む子供がどっかに行き、母親がその子供の名前を大声で叫んだそうです。で、その子の名前が「チョ ナンミ」というそうで、これが「ツナミ」に聞こえて口コミが広まったという話もあります。でもこれについては100%否定はできないけど、ただのジョークのような気もします。ではでは!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ご愛読ありがとうございます。最後に上↑のバナー「フィリピン情報」をポチっとお願いします。にほんブログ村ブログランキングに参加してます。