そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

グアバノは諸刃の剣なのか?

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#)

裏庭のフルーツが今年は豊作で、アボカド、ジャックフルーツに続いてグアバノも収穫出来ました。とは言ってもこのグアバノ、日本の皆さんには聞きなれない名前ですよね。なわけで今回はグアバノについて説明したいと思います。

 

f:id:davaomania:20190703110134j:image

こんな感じに成ってます。実が大きくなると枝が垂れ下がってくるので、すぐにわかります。で、名前なんですが、うちの方ではグアバノ(guavano)と呼んでますが、ウィキペディアで調べてみたら、フィリピン語ではグヤバノ(guyabano)になってました。また英語ではサワーソップ(soursop)、日本語ではトゲバンレイシというそうですが、トゲバンレイシという日本語は初めて聞きました(-_-;)

サワーソップ - Wikipedia


f:id:davaomania:20190703110122j:image

うちの裏口の真ん前にある木なので、実が成ってるかどうか一番わかりやすいのです。


f:id:davaomania:20190703110126j:image

この緑の丸っこいのはグアバノの花です。あいにくまだ咲いてないのでお見せできませんが、けっこうきれいな花が咲きます(#^.^#)


f:id:davaomania:20190703110130j:image

グアバノの外側です。棘が痛そうに見えますが、収穫期は全体がグニャっとするので、触っても別に痛くありません。

あっという間に農薬除去!veggy アルケミー


f:id:davaomania:20190703110112j:image

ジャーン!!!!!

これがグアバノの中身です。でもこれ、市場なんかでもあんまり見ないんです。で、あったとしても安いし、こちらではそんなに貴重なフルーツでもないのです。なんでかな?私には貴重なんですけどねえ・・・

 

f:id:davaomania:20190703163201j:image

上の画像は妻が作ってくれた自家製グアバノシェイクです。美味しゅうございました(#^.^#)

【酵水素328選もぎたて生スムージー】


f:id:davaomania:20190703110117j:image

お味は甘酸っぱくて、イチゴとバナナを足して2で割ったような不思議な南国フルーツです。甘味よりも酸味の方が若干強いかな。果肉は柔らかくてブニュブニュしており、手でほじくらないと実が崩れてしまうほどジューシーです。

 

www.organicfacts.net

グアバノの栄養を調べてみたところ、「バンレイシ科特有のアセトゲニンやキノロン類、アルカロイド類に抗酸化作用があり、ガンや腫瘍の抑制に直接関係している」とのこと。さらに「バンレイシ科のみにあるアセトゲニンは、異常な細胞の成長への血流を遮断し、乳がん、すい癌、前立腺がん、および肺がんを治すのに関係している」とも書いてます。

 

ところがウィキペディアにも書いてましたが、「アンノナシン(annonacin)はサワーソップや他のバンレイシ科に属すフルーツに含まれる化合物であり、アセトゲニン系化合物に分類される。最近の研究によると、アンノナシンを日常的に摂取したネズミはパーキンソン病などの脳損傷を発症した」と書いており、どうやら過剰摂取した場合は、パーキンソン病を引き起こす可能性もあるらしいので、ほどほどがよさそうです。

 

まあ体に良いからと言って、毎日同じものを食べるのは危険かもしれませんね。研究が発達して、後から「実は有害だった」なんて食べ物、世の中にけっこうありますもんね。ま、私は毎日食べるわけではないので、これからもこのグアバノは食べます。だって美味しいんだもん。ではでは!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

最後に上のバナー👆をポチっとお願いします。日本ブログ村ブログランキングに参加してます。応援よろしくお願いします。