そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

フィリピンの阿部定事件を考察

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) 先日abs-cbnというテレビ局のニュース番組を見てると「Hurot」のタイトルがありました。これは「局部切断」という意味なので、ギクっとしながら見ました。で、日本では昔「阿部定事件」というのがありましたよね。但し結末がかなり違うことになってたのでビックリしました。なわけで今回はこの事件と阿部定事件を比較しながら考察してみたいと思います。

 

f:id:davaomania:20190915220926j:image

上の画像の男性が局部を妻に切り取られた人です。かなり浮気はしたそうです(-_-;) ちなみにタガログでは浮気者のことをパロパロ(paruparo)と言います。直訳は小さな蝶のことで、花から花へと飛び移っていく様子を浮気者に例えてます。但し語源は日本のフィリピンパブだそうで、一般のフィリピン在住フィリピン人には通じない場合もあります。

パロパロ - Wikipedia


f:id:davaomania:20190915220922j:image

上の画像は再現フィルムです。自宅のベッドで寝てる時、妻に局部を切断されたそうです。


f:id:davaomania:20190915220936j:image

この女性が夫の局部を切断した人です。まあ見た目は普通なのが意外でした。私はもっと鬼みたいな顔をしてるかと思ったのです(-_-;)


f:id:davaomania:20190915220955j:image

求刑は懲役12年でしたが、夫が減刑を嘆願したので、12週間の収監で出所しました・・・

 

ウソだろ⁉️

 

チンチン切り取って3ヶ月⁉️

 

こんなことあるんですね。ビックリしました。12年が3ヵ月弱ですよ。減刑の幅が大き過ぎます。しかし局部の価値って何なんですかね⁉️


f:id:davaomania:20190915220932j:image

この男性、当然ながら立ち小便はもうできません。精神的にはどうなんですかね⁉️


f:id:davaomania:20190915220941j:image

そして医学的な検証をしたのが「マイケル・チン先生」だったので、一人で苦笑してしまいました(-_-;)


f:id:davaomania:20190915220949j:image

そして今はこんな感じで幸せだそうです。被害者は度重なる浮気を悔いており、「一番好きなのは妻だった」と言ってました。一方加害者の妻は「これでもう浮気されることもないから幸せよ」とのこと・・・

 

ウソだろ⁉️②

 

そんな軽い話なのか?普通の夫婦喧嘩レベルの話なのか?これがフィリピン人の感覚なのか?日本人の私には理解できませんでした。では日本の阿部定事件を検証します。

 

阿部定事件は仲居であった阿部定が。1936年(昭和11年)5月18日に東京市荒川区尾久の待合で、性交中に愛人の男性を扼殺し、局部を切り取った事件です。事件の猟奇性ゆえに、事件発覚後及び阿部定逮捕(同年5月20日)後に号外が出されるなど、当時の庶民の興味を強く惹いた事件です。

阿部定 - Wikipedia

 

f:id:davaomania:20190917122854j:image

上の画像が阿部定(あべ さだ)です。裁判では「吉蔵を殺して永久に自分のものにするしかない」と語った定は、「なぜ男性器を切り取ったのか?」という質問に「一番愛おしく大事なものだから誰にも触れさせたくない。吉蔵の男性器があれば一緒にいるような気がして淋しくないと思った」と答えたそうです。そして定は懲役6年を言い渡されました。

 

猟奇事件として取り扱われる一方、一途に男を想う純愛として語られることもあり、数々の映画や文学作品の題材にもなりました。

 

そもそも吉蔵は「首を絞められながら性行為をする」という趣向を持っていたそうで、定が性暴力の被害者だったこともあり、「自分には値打ちがないと思っていたのではないか」と推測する趣きもあります。

 

但し女性評論家の目線では「阿部定事件は男の夢とロマンの物語。男性は女性に求められていると思いたいし、男性器を求めて欲しいという思いがある。定が切り取ったことで、やはり女性はこれが欲しいんだと男性の女神になった」ということらしいです。尚、女性はそこまで定に思い入れがないそうです。

 

男性目線で脚色された部分を除き、文献を読んでみると、定は境界性人格障害に加えて自己愛性人格障害で間違いないと思われます。しかし「純愛」として伝説化されるのは日本だけではないと今回わかりました。

 

f:id:davaomania:20190917115514j:image

この番組の最後の様子です。これからも二人仲良く生きて行くそうで、これを「不幸中の幸い」と言ってもいいもんなんですかね⁉️番組制作側の意図もあるかもしれませんが、なんでハッピーエンドなんだよ⁉️これって重大犯罪じゃないんですかね⁉️

 

私は浮気をしようとは思いませんが、もしこの男性の立場ならば、おそらく妻を許すことはできないと思います。その前に頭がおかしくなってると思うし、復讐さえ考えるかもしれません。しかしこれは「過ちを許す」という超カトリック的な考え方なんですかね⁉️しかしこの国のカトリック教徒はケンカばかりで、「右の頬を打たれたら、相手の頬を打ち返す」のがフィリピン式カトリックだけに、どうも理解できません。

 

この事件は「この夫婦が幸せならそれでいい」とは思えません。というのは番組にしてしまった以上、一定の社会的な影響はあるはずだからです。浮気されたからと言っても、旦那の局部をちょん切って、たった3ヵ月間だけ収監されて終わりですよ。これは感情として「旦那のちんちん切り取るのは、そんなに悪いことではない!」と認識するフィリピン人も少なからずいるはずです。まあ旦那側の浮気の抑止力にはなるかもしれませんが、フィリピン人女性を配偶者にお持ちの皆さん、くれぐれも気をつけてくださいね。ではでは!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ご愛読ありがとうございます。最後に上↑のバナー「フィリピン情報」をポチっとお願いします。にほんブログ村ブログランキングに参加してます。