そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

フィリピンのピックアップトラックはどうなる?

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) 日本ではあまり一般的ではないピックアップトラックですが、ここダバオではやたら走ってます。しかし最近、荷台に人を乗せて捕まるということがちょいちょいあるのです。今までは荷台に人を乗せても捕まるということはなかったのですが、1か月ぐらい前から急に厳しくなりました(-。-;

ピックアップトラック - Wikipedia

 

f:id:davaomania:20191111173947j:image

実は私。ピックアップトラックを欲しかったのです。今の車がダメになったら、次は日産ナバラ(上の画像)を買おうと思ってました。そして色はカッパーブラウンと決めてました。でもなあ・・・

 

f:id:davaomania:20191111175537j:image

私が買おうと思ってたのは上の料金表のピンクのマーカー部分で、116万ペソ(240万円弱)のでした。ミニバンやSUVと比べるとけっこう割安です。あと日産はなかなか値引きをしてくれないトヨタと違って、そこそこ値引きに応じてくれます。私は「うまく買えば110万ペソぐらいで何とかなるだろうな」と思ってました。但し「日産車の修理代は他の日本車と比べると高い」と、うちのまわりのフィリピン人はみんなそう言ってます(-_-;)


f:id:davaomania:20191111173958j:image

で、最近はモールに置いてるピックアップトラックの前、閑古鳥が鳴いてます。あんまり人が寄り付きません。以前は人気だったのですが、急に人気なくなった感じです。荷台に人が乗れないのは、かなり汎用性を欠きますからね。私も「雨が降ったら可哀想だけど、いざという時は20人は乗せられるな」と思ってて、それはこの車の魅力の一つでした。


f:id:davaomania:20191111174005j:image

で、聞くところによると「屋根があれば人を乗せていい」という人がけっこういるのです。但しこれはLTOに確認したわけではないので定かではありませんが、私にとってはどっちでもいいことなのです。というのは「ピックアップトラックの荷台に屋根を付けたらかっこ悪い」と思ってるからです(-_-;)

 

しかしこの件、そもそも法律が変わったわけじゃないんですよね。つまりこの国では元々「ピックアップトラックの荷台に人を乗せてはいけない」という法律があったわけで、今まではそれを黙認してたわけです。

 

政治家や官僚、警官の汚職が後を絶たない国ですが、ドゥテルテ大統領になってから「法の遵守」という概念が少しずつ芽生えてきたような気がします。要はこの件「元々ある法律を守りましょう」と言ってるだけなんですよね。


f:id:davaomania:20191111173953j:image

もう買うこともないであろうピックアップトラックですが、私が考えてたのは上の画像の荷台ラックです。「荷物はこのラックに入れたらいいな」とか、いろいろ夢があったのにホント残念です(-_-;) 余裕のある方なら「2台買えばいいじゃん」」ということなんでしょうけど、うちにはそんな余裕はありませんからね。うちは人をたくさん乗せるケースがちょいちょいあるし・・・

 

f:id:davaomania:20191111181711j:image

なわけで欲しい車がなくなったので、この中古車をしばらく乗ることになりそうです(-_-;) うちの新築工事の時の資材運搬、家族を15人乗せたこともあるし、バランガイ選挙の時(上の画像)でも活躍した「いすずクロスウィンド」です。

 

「フィリピンの中古車は程度が悪い」というのが定説なのですが、この車は中古で買ってから2年間、バッテリーがあがったこと以外は故障がありません。2012年式の車ですから来年は8歳です。現在走行距離73000kmですが、さていつまで乗れるのかな。2002年からモデルチェンジをしてない化石のような車ですが、それなりに愛着はあります。でもホントはピックアップ欲しかったな、ちっ(-_-;) ではでは!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ご愛読ありがとうございます。最後に上↑のバナー「フィリピン情報」をポチっとお願いします。にほんブログ村ブログランキングに参加してます。