そうだ!フィリピンに住もう

フィリピンの南部ダバオ市に移住した中年男えくえくのブログ

地名Tシャツもありです!@フィリピン

皆さん、こんにちは。えくえくです(#^.^#) 今回は「地名Tシャツ」の話です。たとえば日本の皆さんは、よく外人観光客が着てる「I love Tokyo」みたいなロゴのTシャツを着ますか?ほとんどの方は着ませんよね。ところがこちらでは・・・

 

f:id:davaomania:20190812085111j:image

上の画像はダバオ市内モールの衣料品コーナーに陳列された「Davao Tシャツ」の数々です。

 

f:id:davaomania:20190812093111j:image

他のモールでも「Davao Tシャツ」がオシャレに陳列されてます。実は私は10年前まで「この手のTシャツは土産物」と思っていたのです。まあ土産にする方も、もちろんいらっしゃいます。私もかつてはそうだったし・・・

 

f:id:davaomania:20190812210700j:image

ところがダバオ市民は、こういうTシャツを日常的に着ているのです。私は数年前まではそれを「ダサい」と思ってたのですが、あまりにも普通のことなので、今はもう「ダサい」という感覚がなくなってしまいました(-_-;)

 

f:id:davaomania:20190812210930j:image

上の画像は、たまたま私が今日着てたTシャツです。数年前に土産として買ったTシャツを日常的に着るようになるとは、自分でもビックリしてます。しかも現地で(;'∀')

 

f:id:davaomania:20190812085207j:image

ダバオ市は現大統領ドゥテルテ氏が20年間市長を務めていた都市なので「Duterte city」と言われており、Tシャツなどのグッズも販売されてます。ドゥテルテ氏は、昔フィリピンでも最も危険な都市だったダバオを、今ではフィリピン一安全な都市にしてくれたダバオ市民の誇りなのです。

ロドリゴ・ドゥテルテ - Wikipedia

 

f:id:davaomania:20190812214549j:image

ダバオ市長サラさんはドゥテルテ大統領の娘さんです。で、やたらとこのTシャツを着てます。選挙やイベントでない時も、このTシャツを着てることが多いので、「これはこの人のユニフォームなのかな?」と思う時さえあります。

 

f:id:davaomania:20190812093144j:image

なわけで私も普通にこういうTシャツを着てます。しかしよく考えてみたら、日本にこういうTシャツありましたっけ?皆さんは「安倍晋三Tシャツ」がもしあったら着ますか?あと「田中角栄Tシャツ」とか「小泉純一郎Tシャツ」とかありましたっけ?選挙の時はあったかもしれませんが、日常的に着てる人は見たことないです。

激安おもしろ文字Tシャツの販売【おもしろTシャツの俺流総本家】

 

f:id:davaomania:20190812205642j:image

「これが地名Tシャツの発祥かな⁉️」と思うのが上の画像です。40年ほど前に「I love NY」のTシャツやステッカーが日本でかなり流行りました。若い方は信じられないですよね(-_-;)

 

この「I love NY」は、1970年代から1980年代にかけてアメリカのニューヨーク州が行った観光キャンペーンの一環だったのです。で、このロゴはニューヨーク州観光局の登録商標で、パロディとして多数の模造デザインが生まれました。今では他の地名でも「I love ●●」というTシャツやグッズはありますが、この「I love NY」以前にあったでしょうか?私の記憶では、なかったように思います。

 

f:id:davaomania:20190812215312j:image

上の画像は、先日近所のモールで見かけたTシャツです。ダバオではなく「大阪」でしたが、欲しかったのでサイズを聞いたらXXLはなく、結局買えませんでした(-_-;) しかしこの時、気がついたことがありました・・・

 

そうです、私は服に対して「ダサい」という概念がなくなっていたのです。こ、これが「おじさん」というものなのか?しかしよくよく考えてみたら、Tシャツって単なる普段着ですよね。普段着に「ダサい」とか「オシャレ」とか言ってること自体がナンセンスのような気がする今日この頃です。ではでは!!

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ご愛読ありがとうございます。最後に上のバナー↑をポチっとお願いします。にほんブログ村ブログランキングに参加してます。